スポンサードリンク


上場FX業者で比較

「安心」「安全」を考慮した信頼性で選ぶ一部上場のFX業者

FX業者を選ぶ際の基準は何でしょうか?

取引手数料や取り扱い通貨ペア、レバレッジの倍率、
スワップポイント、スプレッド、サポートなどの取引条件、
システムやサーバーの規模、デモ機能など、
さまざまなポイントが上げられると思います。

しかし、投資を行う際に決して忘れてはならないのが「信用リスク」です。

これはFX投資を行う場合でも同様で、
FX業者を比較する際の重要なポイントになります。

社会的信用度が高い上場企業

万が一、自分が取引しているFX業者が倒産してしまったら…?

2007年のサブプライムローン問題に端を発する急速な円高は、
当然ながらFX業界にもその影響を及ぼしました。

2007年10月 にエフエックス札幌が破産したことに始まり、
次々とFX業者が破綻するといった状況に陥ったことは、未だ記憶に新しいところです。

FXがより身近な投資商品へと成長するためには、
今後ますます「安心」「安全」というテーマに取り組む姿勢が
期待さていくでしょう。

そこで、安心できるFX業者の指標のひとつとして、
「一部上場企業」が挙げられます。

上場企業は、収益性・資産性、成長性や投資者保護など、
厳しい審査基準をクリアしています。

また株式を上場すると、
会社の収益状態や財務内容を公開しなければならないという
透明性が確保されます。

さらに、パブリック・カンパニーとなることから社会的に認知され、
知名度が向上すると同時に一般ユーザーや取引先、
金融機関などに対する社会的信用力を得られます。

細心の注意を払って選ぶのであれば、
上場会社もしくは親会社が上場しているかどうかに加え、
金融庁への登録、自己資本規制比率(120%以上)、
信託保全の完備が整っているかどうかで判断するのがより好ましいでしょう。

 

一部上場のFX業者比較表

2011年7月22日時点 ※親会社含む
 FX業者
 上場先
 マネーパートナーズ ヘラクレス
 サイバーエージェントFX 東証マザーズ
 ひまわり証券 ジャスダック
 インヴァスト証券 ヘラクレス
 マネックスFX 東証一部

 

FX業者人気ランキング

1位

2位

3位

4位

5位