スポンサードリンク


豪ドルで賢くスワップ運用

スワップの魅力

2008年、100年に一度の金融危機の中で、各国の金利引き下げが続いたあげく、
スワップ派投資家が続々と投資スタイルを変更し、
短中期であるスイング、デイトレ、スキャルに転向しました。

しかし、今や小額スワップ金利と言われてても、
1年後、2年後・・・10年後は、一体どのぐらいのスワップ金利が手に入るのだろうか。

正に、「銭も積もれば万となる」です。  正式名称:「塵も積もれば山となる」

そんな魅力に取りつかれたスワップ派投資家が、
現在、最も注目している通貨ペアは、豪ドル/円になります。

豪ドル円の特徴

豪ドル/円は、高金利通貨のひとつであるため、
スワップ狙いの買い需要が高いのが特徴です。

また、オーストラリアは世界屈指の資源国であり、
原油や石炭、鉄鉱石などを主な輸出品としております。

そのような背景により、商品相場が上昇する時や、
産出商品の輸出相手国(主に中国)の景気が良くなる時などは、
原材料の重要が高まることが期待され買われる傾向にあります。

ただし、外国為替市場における規模は、他の通貨ペアに比べて取引高は少なく、
それほど大きくないため、巨額な資金が一時的に流出した際には、
値動きが荒くなる傾向があります。

安定したスワップ金利を受け取るトレード方法

ここで、現在のAUD/JPYレートで運用した仮定します。

【 仮想トレード内容 】
1. 79.52円(2010年2月24日現在)ロングエントリー
2. ロスカット 55.02円(2008年に更新した史上最安値)
3. スワップポイント 80pips(2010年2月24日現在)
4. 取引単位10万通貨

「ロスカットになった場合」
損失額は24.50円×10万=245万

「保有した場合」
80pips×10万=800円(1日で受け取れるスワップ金利)
1年の場合だと、800円×365日  = 292,000円

5年後の場合   = 1,460,000円

10年後の場合  = 2,920,000円

つまり、今から10年間の間に「100年に一度の金融不安」
と言われた2008年の世界恐慌・世界株安のような相場がなければ、
着実にスワップ金利が増えていくことになります。

もちろん、明日に「世界恐慌」が再来するかも知れませんし、
この先、自分が生きている間に一度も来ないかも知れません。

安値ラインからロスカット値を決める

ロスカット値を決めるにあたって、
「安値ライン」は1つの判断材料となります。

今回、紹介した仮想トレードでは、一番最悪なケースで紹介しましたが、
他の年度の「安値ライン」の時には、どのようになるか表にしてみました。

※エントリー値は「79.52円」とします。

西暦
安値
ロスカット
損失額(1万取引) 
損失額(10万取引)
1999年
64.20円
-15.32円
¥153,200
¥1,532,000
2000年
55.40円
-24.12円
¥241,200
¥1,412,000
2001年
55.98円
-23.54円
¥235,400
¥1,354,000
2002年
62.25円
-17.27円
¥172,700
¥1,727,000
2003年
66.58円
-12.94円
¥129,400
¥1,294,000
2004年
74.26円
-5.26円
¥52,600
¥526,000
2005年
76.96円
-2.56円
¥25,600
¥256,000
2006年
82.08円
-
-
-
2007年
86.00円
-
-
-
2008年
55.02円
-24.50円
¥245,000
¥2,450,000
2009年
55.52円
-24.00円
¥240,000
¥2,400,000


【受け取れるスワップ金利(1万通貨単位で取引)】
1年後 = 29,200円  10年後 = 292,000円

【受け取れるスワップ金利(10万通貨単位で取引)】
1年後 = 292,000円 10年後 = 2,920,000円

ご覧になってお分かりの通り、過去10年間の安値でロスカット値を設定し、
1年間保有すればスワップ金利が損失額を上回り、損をしないエントリーとなります。

※ 強制ロスカットは利用するFX口座によって異なりますので、
  お使いのFX業者へ直接、お問い合わせすることを推奨します。

豪ドル(スワップ)運用に最適なFX口座

通常の売買(為替差益)と同じく、スワップ金利も課税対象となります。

せっかくスワップ金利を受け取っても、税金が発生してしまうことだけは、
避けたいところです。

しかし、ほとんどのFX業者は、未決済ポジションで発生したスワップ金利は
課税対象となります。

そこで、スワップ金利を最大限に節税して受け取ることが出来る
数少ないFX業者を紹介します。

・為替差益、スワップの両方共、決済しなくても税金のかかるFX口座
>> 外為どっとコム
外為どっとコムは、「口座数」と「預かり資産」が
FX業者の中で5年連続No.1に輝いています。
また、FX業者初となる40万口座突破と常に業界のトップに君臨しています。

初心者~上級者まで幅広い投資家に支持されているFX業者です。



・税金対策口座でお馴染みの「くりっく365」。その中で人気のスター為替
>> くりっく365スター為替
節税に最適な「くりっく365」ですが、
その中でもスター為替が圧倒的に人気があります。
特に独自システムを採用しており、最高レベルの取引環境な上、
税制優遇に取引所預託という資産保全方法で長期保有するには安心感があります。



・1,000通貨から取引をする場合に最適なFX業者
>> ヒロセ通商(LION FX)
当ページでは1万通貨と10万通貨で例を出しましたが、
1,000通貨から実践してみたい方に最適なFX業者となります。
ヒロセ通商(LION FX)は、レバレッジ400倍で小資金からの
スワップ運用が出来て、スワップも月に1回だけ出金が可能です。