スポンサードリンク


アルファエフエックス夜逃げ!?

~ 金融庁のHPより抜粋 ~

本日(11月5日)、金融商品取引業者、アルファエフエックス(株)
(取締役社長:植原 正成、本店:東京都港区。以下「当社」という。)が、
ホームページを閉鎖し電話に出ない旨の情報が、金融庁及び関東財務局に複数寄せられました。

それを受け、関東財務局から当社所在地等に調査を行いましたが、
業務を行っているか否かを確認できない状況にあり、

また、代表する役員等の所在を確知できない状況にあることが判明しました。

金融庁としましては、当社に対し、その所在等が明らかになり次第、
必要な行政上の対応を行っていくこととなりますが、

当社に関する情報をお持ちの方は、以下の連絡先にお知らせ下さい。

なお、金融商品取引法第50条第1項第1号では、
金融商品取引業者が業務を休止した場合には、
遅滞なくその旨を届け出ることと規定されていますが、
現在のところ当社から当該届出は行なわれていません。

---

金融商品取引業者アルファエフエックス(株)
(取締役社長:植原 正成、本店:東京都港区。以下「当社」という。)につきましては、
昨日(11月5日)、業務を行っているか否かを確認できない状況にあり、
また、代表する役員等の所在を確知できない状況にあることが判明しました。

金融庁としては、当社に関する情報を寄せていただくよう、
周知文を掲載しておりましたが、
本日、当社を代表する役員の所在が明らかになったことから、
関東財務局長が、当社に対して、金融商品取引法第56条の2第1項に基づき、
以下のとおり報告の提出を命じました。

1. 常に連絡が取れる連絡先又は所在

2. 現在営業所を閉鎖している理由及び顧客への説明状況

3. 今後の業務の継続態勢

4. 顧客取引の状況及び顧客からの預り資産の管理状況

5. 日々の業務及び財産の状況

金融庁としては、上記報告の徴取に基づき、
当社の業務の状況及び預り資産の管理状況等を確認し、
投資者保護及び財務の健全性の観点から必要な行政上の対応を
速やかに進めることとします。

~ 金融庁のHPより抜粋 ここまで ~


 あなたのFX口座は信託保全されていますか?

このような状況では、アルファエフエックスに預けている投資家の資金が
100%戻ってくることは難しいと思います。

法改正後、金融庁の監督が厳しくなったとはいえ、
顧客からの注文をきちんとカウンターパーティ(銀行・証券会社)に、
取り次いでいるかはわかりません。

顧客から預かった資金で自社トレードをしている可能性のある
FX業者はたくさんあります。

そのような悪質なFX業者を避けるための基準のひとつが、
信託保全の有無です。

信託保全は、ただの分別管理と異なり、倒産しても100%保全されます。
ただ、信託保全には大きなコストがかかるため、
経営体力のあるFX業者でなければ、導入できない現実があります。

このあとも更に、FX業者の淘汰は進んでいくでしょう。

あなたのFX口座は信託保全されていますか?

>>信託保全されているかどうか確認する


関連記事
  FX業者の破綻と信託保全
  信託保全のしっかりしているFX業者比較

 


スポンサードリンク