スポンサードリンク


約2億8000万円の脱税をした元会社員

外国為替証拠金取引(FX)などで儲けた利益を申告せず、
2年間で約2億8000万円を脱税したとして、
所得税法違反(脱税)の罪に問われた元会社員は、
懲役2年罰金7500万円執行猶予3年
(求刑懲役2年罰金8500万円)の有罪判決になりました。

被告は法人の所得に対する税負担が日本より低い国、
いわゆる租税回避地で会社を設立しており、
シンガポールの投資会社を通じて取引を行っていました。

東京地裁は、このような脱税方法は巧妙で悪質であるとみて、
有罪判決になりました。


その他の脱税ニュース

  世田谷区の主婦が約1億3900万円を脱税
  89歳のお爺ちゃんがFXで10億円脱税!?
  元小学校長がFXで約1億円脱税

関連記事
  税制上、優遇されているくりっく365で比較

 


スポンサードリンク