スポンサードリンク


行政処分の通告を受けたJNS

4月25日、証券取引等監視委員会が株式会社JNSについて、
行政処分等の措置をするように金融庁へ勧告しました。

法令違反の内容を簡単に説明しますと、
JNSでは、信託保全を行なっているのにも係らず、
実際には、保全先に顧客資産を預けずに自己の固有財産として、
顧客資産も自社でトレードしていた、ということです。

まだ、どのような処分が下されるか発表はされていませんが、
今回のJNSが行った違法行為は悪質と見なされ、
厳しい処分が予想されます。

今回の一件は、信託保全という制度を愚弄し、
FX業界と顧客の信頼を裏切った、許しがたい事件です。

最悪は、登録抹消の可能性もあるかと思います。

このような事件が発覚した後は、
顧客資産の流出(出金)が殺到しますので、
JNSに口座をお持ちの方は、直ちに証拠金を引き出した方が良いと思います。

JNSを利用されていない方でも、
残念ながらこのような事件は、どのFX業者でも起こり得る危険性があり、
信託保全だから安心とも言い切れない、この状況下ですから
他人事ではありません。

今一度、FX口座の信用リスクを見直してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は、最近サイバーエージェントFX
メイン口座として利用しています。

こちらは、サイバーエージェントのグループ会社です。

サイバーエージェントの藤田社長は、友人であるライブドアの
堀江元社長のようにはなりたくないと考えていると思われます。

目先の利益のために、危ない橋は渡らないでしょう。

また、1000通貨から取引が可能ですので
もしまだ口座開設していない場合は、今のうちにどうぞ。

初心者でも安心のFX業者 サイバーエージェントFX


行政処分の通告を受けたJNS~その後~

平成20年5月1日

ジェイ・エヌ・エスの金融庁の行政処分について
今後の対応をまとめてみました。

・お客様から預かっていた資産を返却
平成20年5月1日現在まで取引口座に残高があり、
保有しているポジションがない方は迅速に出金手続きを
して下さい。
また、保有しているポジションがある方は速やかに決済し、
口座残高にスワップポイント反映後、全額出金をして下さい。

・平成20年5月2日午前0時より新規注文受託を停止

・お客様の保有ポジションの清算

・口座解約手続きの履行
お客様より口座解約の申し出をする必要はありません


その他FX関連事件(脱税・FX業者処分)

  世田谷区の主婦が約1億3900万円を脱税
  89歳のお爺ちゃんがFXで10億円脱税!?
  元小学校長がFXで約1億円脱税

 


スポンサードリンク