スポンサードリンク


1分足らずで30%近くも暴落した誤レート

【発生事象】
1. 10月30日付の南アフリカランド/日本円取引において、
   取引終了間際の4時59分33秒に、直近約定レートに比べ約30%円高となる
   8.415円の約定が成立しました。
   本約定は、「くりっく365」市場における、
   マーケットメイカー1社が提示したレートにより成立したものです。

2. 当該日時においては、NYにおける米ドル等の主要通貨の急速な下落や、
   株価の急落などから、南アフリカランドを含むマイナー通貨に関して、
   流動性が急速に低下している状態であり、同社は、これらの急激な変動を踏まえ、
   同社のシステムに従って、極めて広いスプレッドのレート提示を行いました。
   その結果、当該8.415円が提示された直後に、
   11円台でのレートのビッドが全て約定され、
   残った8.415円のビッドも瞬時に取引されることになりました。


【本件に対する措置】
1. 本件は、取引終了間際の特別なタイミングにおいて、
   約30秒間という瞬間的なレート提示およびその他のレート提示がないという、
   特殊な状況における約定でありました。
   本取引所では、24時間の監視体制の下、
   マーケットメイカーから提示されるレートについて、
   市場実勢から乖離したものは異常レートとしてチェックする体制を整えておりますが、
   上記のような瞬間的な事象であったことから、
   時間的に対応できなかったものであります。
   そのため、結果的に異常なレートに基づく取引がなされたと判断し、
   当該約定に基づいてロスカット発動等がなされた結果、
   不測の影響等を被った投資家に対して、当該マーケットメイカーとの間で、
   以下の措置を講ずることといたしました。

􀂋 今回の結果的に異常な価格で約定された
  取引及び当該取引を直接の起因とするロスカット取引について、
  希望者からの申請に基づき、当該価格での反対取引を行う。

􀂋 本措置は、2009年11月13日(金)15:00-まで
  当該取引を行った各取扱業者において希望を受け付ける。

2. 「くりっく365」市場のマーケットメイカーは、
   世界の為替市場における有力なプレーヤーであり、
   世界の市場環境並びにリスク管理等を勘案しつつ、
   市場実勢に沿ったレートを提示するという合意に基づき、
   マーケットメイク業務を担っています。
   本取引所は、マーケットメイカーに対し、
   その基本的認識を、常に要請・確認しているところです。
   さらに、上記で述べているとおり、
   本取引所は、24時間の監視体制のもとで、
   提示レートの妥当性のチェックを行っています。

   過去において、本取引所の監視により異常なレートを排除してきております。
   今回の事象は、瞬間的なレート提示であったために、実際上、
   レートの確認等を行うことが時間的に不可能でありました。

   そのため、今回の事象発生を踏まえ、システム的な手当てを行い、
   極めて短時間のレート提示であっても、
   自動的にレート提示を拒絶する方策を講ずることとします。

3. 本取引所は、公的な取引所として、
   市場デリバティブ取引の公正かつ円滑な実施を確保するとともに、
   投資者の保護に資する市場運営を行っております。

   「くりっく365」取引については、経済の激変時等においても、
   投資家が手仕舞い等を行えるような流動性の確保に配慮し、
   可能な限りレート提示を継続することに努めるとともに、
   レートの妥当性についてもより一層十二分に監視を行い、
   「くりっく365」市場についての投資家の皆様の信頼が維持されるよう、
   全力を尽くす所存です。

   以 上


【 株式会社東京金融取引所 11月6日 】


リスク分散による口座開設

「急にサーバーがダウンしてしまった」

「電話しても繋がらない」

「動きが重く、ようやくログインが出来たと思ったら
急落に対応できず、大きな損失をだしてしまった」

・・・等

今では、数えきれない程のFX業者が存在しており、
各業者ごとに一長一短の特徴があります。

未だに、FX業者1社のみに全資産を預け、
トレードをしている方も多くいますが、
やはり、メイン口座と2~3つのサブ口座という具合に、
使い分けておくことをお勧めします。

関連記事

  信託保全のしっかりしているFX業者比較
  誤レートによるスレッド差24円以上!

 

 


スポンサードリンク