スポンサードリンク


日本のGDP数値とデフレ

以下は2010/1/10に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

まぐまぐ配信のメルマガは、本年初となります。

今年も読者のみなさんにとって有意義な年となりますように
心からお祈り申し上げます。


2010年の相場観につきましては、
裏メルマガのバックナンバーをご覧ください。
>> こちら

---

裏メルマガは、下記の無料レポート・無料動画を
お申込みされた方に配信しております。

●FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
>> こちら

●GOLD投資完全攻略マニュアル
>> こちら

日本のGDP数値とデフレ

内閣府が昨年発表した2009年7-9月期の
実質国内総生産(GDP)は前期比プラス1.2%と予想より上振れでした。


その日の報道ではこのような言葉が紙面を飾りました。

「名目GDPの水準が1992年の水準に落込んでいる」

直近の日本の前年比のGDP成長率は以下の通り
前期比とは違った姿が見えてきます。

前年比    名目GDP 実質GDP
3Q2007  1.4%  1.9%
4Q2007  0.7%  1.9%
1Q2008  0.0%  1.3%
2Q2008 -0.8%  0.6%
3Q2008 -1.8% -0.3%
4Q2008 -3.6% -4.3%
1Q2009 -7.8% -8.6%
2Q2009 -6.5% -7.0%
3Q2009 -4.4% -4.5%


2009年7-9月期の実質GDP成長は
前年比で名目-4.4%、実質-4.5%

前期比では実質+4.8%、名目-0.3%(年率)

実体経済を表しているのは、名目GDPです。


7~9月期の物価動向を示すGDPデフレーターの
国内需要デフレーターは1958年以来の大幅な落ち込みとなっています。

政府も発表しているように現在は完全にデフレです。

一般の消費者にとっては、デフレというのは
物価が下がるので、より多くのものを買える良い話の感もあります。


しかし、モノが売れないから、売るためにより値下げをする。

企業の利益が減る

従業員の給与所得が減る

購買力が落ちるので、更にモノが売れなくなる

以降、繰り返し

これがデフレスパイラルです。

米国の株式市場を動かしてきた7-9月期の米GDPも
予想の年率3.2%成長から3.5%成長に上ぶれしています。

ただこの成長のほとんどは
8月に記録的な販売台数となった自動車買い替え促進策と

11月に期限切れとなる住宅取得者に対する減税措置の駆け込み需要

差し押さえ物件のが安く大量に市場に出回ったことによる住宅販売増です。

これらの要因を除くと成長率は半減します。

それを反映するように9月の新築住宅販売数も予想外の減少となっており
9月の家計支出も今年最大級の落ち込みとなっております。

2010年はデフレに要注意の年となるのではないでしょうか?

各国政府の大量の資金供給と経済対策により、
実態経済を無視して株価は上向いております。

そして、この矛盾は金価格に反映されています。

>>こちら

現在の円高は、いずれ円安に振れていくことになると思います。

現在の円高を利用した円建てGOLDの3000円近辺は
長期で保持することで、他のどのような投資対象よりも
長期で資産を保持する強力な武器となるでしょう。

金投資は難しいという方も多いと思います。

まずは、金投資の基本を無料レポートで勉強してみてください。

>> こちら

FXトレーダー植木の無料セミナーDVD 会員様のご感想

【1】

既存のポジションのある状態で別業者へのFX口座の移管について
植木がアドバイスをしている方からのメールです。

--

大変参考になりました。

JPG画面をごらん頂いたとおり、お恥ずかしい話ですが、
1枚居残りがいますのでこれは92~93円まで引っ張り
今ロングエントリー中の玉と相殺決裁する計画ですので
有効比率と先日エントリーしたポジションの調整を繰り返す
余力を再度計算しなおした上で順次資金の移動を行いたいとおもいます。

植木先生のエントリメールの1~2通貨に対応できる
金額(100,000円)位をまず移しておき、
ロング分を決済できたら植木先生のエントリーメールが
来てるか来ていないかで移動の金額を計算した上で
決定していきたいと思います。


本日朝、下落時利益確定のOCOに引っかかり
2枚4200円のプラスで決済です。^^;残念

75円まで下落しても-20万ちょっとですので
この一枚は相殺決裁か棺桶まで持って行こうと思います。

幸いにも先生のDVDとエントリーメールのお陰で
その分持ちこたえる財力ができました。


【2】

DVDが後1日早く到着していれば間にあっていたのですが、
残念ながら含み損ポジションが1匹残りました。

ただ、先生のDVDでポジションの適量とロスカットを学びましたので
幸いにも業者のロスカットを食らわずに済み、
しかも+211500円たたき出せております。

これも、DVDで勉強した順張りと細かい利食いと
利食い分での勝負がよい方向で終わる事ができた為です。

DVDが後1日遅かったら後8枚もポジションを持っていましたので、
退場していた事でしょう。(怖)

何をどうたどって先生にたどり着いたのかよく分かりませんが、
先生とご縁が有りました事心より感謝しております。

これからもご指導ご鞭撻の程宜しくお願いいたします。

衝撃の投資預言書

・現在の相場はここに書いてある通りの相場になってきている。

・現在起きている株価の動きも金価格も全てのシナリオが
 ここに書いてあったとおりに動いている。

・ここに書いてあることが本当であれば、この相場あと10年は続くだろう。
 そして、それは既に始まっている。

・金価格1000ドル超え、1100ドル台を本書は預言していた。
 そして、ここに書いてある紹介銘柄は金価格の上昇さえも
 霞んでしまうような上昇率だ。

・本書を公開段階で手にした幸運な投資家は、
 今頃、数百万円の利益で税金対策に悩んでいることでしょう。

・たった今、投資で儲ける方法だけではない。
 これから10年、20年と人生を賭けて取り組むべき投資法だ。


現在の相場の全ては既にここに書かれていた。

そして、これからの相場もここに書かれてある通りに動くだろう。

まだ、遅くはない。

禁断の預言書を手に入れる方は、

>> 今すぐこちら

今なら、まだ、間に合う。

これからの相場で生き残るために。

これからの相場で莫大な利益を手に入れるために。

昨日までの富者が貧者に、昨日までの貧者が富者になる、そんな時代

そんな時代を生き残る全ての投資家に送る

>> 投資の預言書

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)

植木のFX配信 2009年11月実績 
>> こちら

ヘッジファンドのMF戦略と植木ロジックの共通点とは?
>> こちら

今、申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。


ということは、

最低でも、2008年8月の3,000pips
最大では、2008年10月の23,000pips

1ヶ月の無料配信期間中に、1万通貨で30万円~230万円の
利益がタダで手に入るチャンスです。

信じれない方は、実際に配信を受けてみてください。


今なら、DVDも配信も無料なのであなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。


最長1ヶ月の配信が無料! 

無料DVDのお申込みはこちらから、

↓ ↓ ↓

こちら

お知らせ

  広告募集受付中(71,000部のメルマガ広告)
  広告募集受付中(32,000部のメルマガ広告)
  重要な経済指標を相場解説付で毎週配信中
  公募価格から幹事証券まで~IPO速報
  CFD完全攻略ガイド
  クリック365完全攻略ガイド
  FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
  GOLD投資完全攻略マニュアル

編集後記

2008年来の投資・資産運用は、
従来の投資の考え方が通用しなくなってきています。

弊社でも国際分散投資を推奨して参りましたが、
全ての相場が下げる相場では、国際分散のポートフォリオも
全てが下落しました。

商品相場は最後まで株式相場と逆相関の動きをしておりましたが、
原油も暴落し、金も一時的に調整しました。

その後は、このメルマガでもGOLDを推奨してきたように、
唯一、GOLDだけが今も強気相場を継続しております。

マネー増発によるインフレ対策としての不動産も暴落しました。


現在、経済で起きている本質を見ていかなければ、
2010年もこの激動の相場で大きな痛手を負う可能性があります。

マネーの増発

国債の大量発行

先進国で一斉に始まる高齢化

米国債のデフォルトに類似する出来事(米ドルの下落を含む)

などなど、現在起きていることの全ては、
「ゴールドラッシュ投資法」に書いています。


中期的な株式相場の脱出口・ショート、
FXのポジション取りは、経済指標を注視することで
ある程度把握することができます。

各経済指標の読み取り方については、
このメルマガで随時解説しております。

重要な経済指標を相場解説付で毎週配信中
>> こちら


 

 

 


スポンサードリンク