スポンサードリンク


米国の雇用統計とFX投資

以下は2010/1/22に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

このメルマガでは、株価と経済の実態が乖離していることは、
耳にタコができるほど書いてきています。

そこで経済の実態を知る上で、最も重要な経済指標の一つとして、
米国の雇用統計について、何度も解説してきました。

  新しい失業率のセオリー
  米国の失業率16%! 日本の失業率10%以上!
  【祝】失業率10%突破!記念号

本日は、米国の失業率が10%を突破した10月以降の動きについて
フォローしておきたいと思います。

---

裏メルマガは、下記の無料レポート・無料動画を
お申込みされた方に配信しております。

  FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
  GOLD投資完全攻略マニュアル

11月米国雇用統計の改善とドルと円の独歩高

●10月米雇用統計

2009/11/06発表の10月の米国雇用統計は、
上記バックナンバーにもありますが、
予想に反して10%を超えてきたことがサプライズとなりました。

 失業率(10月)
 結果10.2% 予想9.9% 前回9.8
%
 非農業部門雇用者数(10月)
 結果190千人減 予想175千人減 前回219千人減(前月比)

●11月米雇用統計

次に12月に発表された11月の米国の雇用統計は、
大きく改善され、市場にとって、かなりのビックサプライズでした。

失業率は10月の10.2%から10.0%に低下

非農業部門雇用者数は事前予想の前月比12万5000人の減少が
1万1000人の減少幅と、あと少しでプラスに転じる勢いでした。

 非農業部門雇用者数(11月)
 結果 → -1.1万人 前回 → -19.0万人

 失業率(11月)
 前回 → 10.2% 結果 → 10.0%


●11月雇用統計発表時のドル/円の動き

発表前のドル/円は88円40銭前後で推移していましたが、
この指標を受けて、22時30分過ぎには強烈なドル買いが入り、
23時までに89円90銭付近まで上がり、その後も、早朝4時45分過ぎには
90円78銭の高値を付けました。


前週末終値が1ドル86.15円で14年振りの円高水準となりましたが
、 この週末の終値は90.54円と、一気に円安に押し戻しました。


●日経平均株価の上昇理由

日経平均株価は一週間で10.36%上昇し、10,000円の大台を回復

TOPIXも前週末対比で+9.69%となる78.59ptsの上昇となって889.58

その一方でNYダウの上昇はわずかに0.77%

このように日本の株価は固有の動きとなりましたが、
これは、ドバイショックによるリバウンドと、
日銀が表明した10兆円の追加金融緩和策による円高の修正によります。

本メルマガのスタンスは、日経が力強く上昇しておりますが、
この時も、今でも、下落トレンドです。

詳しくはバックナンバーを読んで頂きたいと思います。
>> こちら

この時の上昇にしても、経済実体や政策を評価しての上昇ではなく、
東証一部では1000銘柄以上が値下がりしています。

単に先物に買い仕掛けが入り、大量に売っていた先物売りが
踏み上げられた上昇ということです。


そして、翌週12月07日(月)の東京マー ケットは、
後場にジリジリと上げ、ほぼ1カ月半ぶりの高値で終了。
日経平均株価は6日続伸となりました。

12月米国雇用統計と植木レポート

12月には、大きく相場を動かす材料となった米雇用統計ですが、
1月発表の12月の雇用統計は以下のような結果となりました。

 12月失業率
 前回 → 10.0%   結果 → 10.0%

 12月非農業部門雇用者数
 前回 → -1.1万人 結果 → -8.5万人


失業率は変わらずの結果となりましたが、
雇用者数の減少は拡大しました。


下記は2010年1月8日に配信された植木レポートからの抜粋です。

プロのFXトレーダーは、雇用統計をFX投資にどのように生かすのか
参考にしてみてください。


~ここから~

週レポでもお伝えしましたが、実は予想どおりに動くのが
一番困るというか、判断が迷うところかと思います。

ただし、現在の予想段階での動きは市場に織り込み済みであり、
どうも予想通りに動きそうなにおいがしております。


正直、予想通りに動いた場合、
市場での多勢の判断がどう捉えるのかは、非常に難しいところです。
そのため、現在は手が出せず、様子見ムードといったところです。


私の中で、米雇用統計時には、
積極的に動いても良い場合とそうでない場合があります。

例えば、フォローセミナー(4)で紹介したような雇用統計時が、
雇用統計を利用したトレードを仕掛けても良い場合で、
今回は、あまり積極的には動きたくない、静観していたいパターンです。

(できればこの部分はいずれセミナーで解説したいと思っています。
 次回のセミナー開催は未定ですが、次はテクニカル系の話をしょうと
 思っているので、当分先になるかもしれませんが・・・・)


結論として、今回の米雇用統計は静観しているのが適当で、
その後の動きで対応していくのが良いと思います。

今回の結果は、超短期で捉えるのではなくて、
中長期的に米経済はどうなっていくのかを考えるための
目安と捉える方が良いと思います。


また、カナダの雇用情勢も本日発表です。

最近CAD/JPYは高騰しております。
雇用悪化が見込まれるのならば動くと思いますが、
基本これも未知数です。

ゆとりがある方は、
CAD/JPYで「89.00円」下回りショート
を入れてみても良いと思いますが、慎重に動きたい方や、
ちょっと損失が重なっている方は無理する必要はありません。


また、長期で保持しているロングポジションがありましたら、
一部利食いしておいても良いかと思います。
(すべて利食いする必要はありませんが)

~ここまで~

第4回フォローセミナー好評配布中
>> こちら

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)

植木のFX配信 2009年11月実績
>> こちら

FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
>> こちら

最長1ヶ月の配信が無料! 無料DVDのお申込み >> こちら

お知らせ

  広告募集受付中(72,000部のメルマガ広告)
  広告募集受付中(32,000部のメルマガ広告)
  重要な経済指標を相場解説付で毎週配信中
  公募価格から幹事証券まで~IPO速報
  CFD完全攻略ガイド
  クリック365完全攻略ガイド
  FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
  GOLD投資完全攻略マニュアル

編集後記

先日、植木のFX配信を利用されている会員様に
アンケートを取りました。

植木のFX配信は、どんな人が利用しているのか?

>> こちらから

それでは、また!


 

 

 


スポンサードリンク