スポンサードリンク


オバマ大統領の米金融規制案

以下は2010/1/28に私のメルマガで配信した内容です。

こんにちは。

本日は、弊社の関連会社「さくら投資顧問株式会社」で配信している
無料メルマガをご案内します。


「さくら投資顧問 - Weekly相場通信」では、

前週の注目指標の結果と、その週の注目すべき経済指標を
毎週月曜日に配信しております。

そのほかに、経済指標の見方や、
FX専業トレーダー植木の相場観も無料で配信しております。

今週の植木の相場観は、オバマ大統領の米金融規制案と
ドル円・ユーロ円の変動幅について解説されています。


さくら投資顧問 - Weekly相場通信

こちらから読者登録できます。【完全無料】
>> こちら


以下、今週の「さくら投資顧問 - Weekly相場通信」の全文です。

~ここから~

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  さくら投資顧問 - Weekly相場通信
  2010.01.25 #30
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆


●相場概況 - 週末終値(前週末比)

 日経平均     10590.55(-391.55)
 NYダウ     10172.98(-436.67)
 米ドル/円    89.86(-0.90)
 ユーロ/円    127.03(-3.49)
 ユーロ/米ドル  1.4132(-0.0252)
 米国債(10年) 3.5994%(-0.0808)
 米国債(30年) 4.5244%(-0.0590)
 WTI原油先物   74.54(-3.46)
 NY金      1089.70(-40.80)


◆──────────────────────────────────
  先週の注目指標(結果)
──────────────────────────────────◆

●1/18(月)

休場(米国)


●1/19(火)

加中銀政策金利発表(加)23:00
 前回 → 0.25%で据え置き
 結果 → 0.25%で据え置き


●1/20(水)

BOE議事録(英)18:30
・政策金利と資産買い入れ額の据え置きは共に全会一致で決定。
・インフレリスクは短期的には上昇、長期的には良好。

12月住宅着工件数(米)22:30
 前回 → 57.4万件(修正 58.0万件)
 結果 → 55.7万件


●1/21(木)

ECB月例報告(ユーロ)18:00
・いつもどおり現行の政策金利は適正水準である。
・インフレ圧力は引き続き弱い状態が続き、2010年は緩やかな
 景気回復を予想している。

新規失業保険申請件数(米)22:30
 前回 → 44.4万件(修正 44.6万件)
 結果 → 48.2万件

1月フィラデルフィア連銀景況指数(米)24:00
 前回 → 20.4(修正 22.5)
 結果 → 15.2


●1/22(金)

12月小売売上高指数 [前月比](英)18:30
 前回 → -0.3%
 結果 → +0.3%

12月小売売上高指数 [前年比](英)18:30
 前回 → +3.1%(修正 +2.7%)
 結果 → +2.1%
 
11月小売売上高 [前月比](加)22:30
 前回 → +0.8%(修正 +1.0%)
 結果 → -0.3%


◆──────────────────────────────────
  今週の注目指標
──────────────────────────────────◆


●1/25(月)

休場(NZ)

12月中古住宅販売件数(米)24:00
 前回 → 654万件
 結果 →


●1/26(火)

日銀金融政策決定会合
 前回 → 0.10%で据え置き
 結果 →

SARB政策金利発表(南ア)23:00
 前回 → 7.00%で据え置き
 結果 →


●1/27(水)

12月新築住宅販売件数(米)24:00
 前回 → 35.5万件
 結果 →

FOMC政策金利発表(米)28:15
 前回 → 0.00%~0.25%で据え置き
 結果 →


●1/28(木)

RBNZオフィシャル・キャッシュレート
 前回 → 2.50%で据え置き
 結果 →

新規失業保険申請件数(米)22:30
 前回 → 48.2万件
 結果 →


●1/29(金)

12月貿易収支(NZ)6:45
 前回 → -2.69億NZD
 結果 →

11月GDP [前月比](加)22:30
 前回 → +0.2%
 結果 →


◆──────────────────────────────────
  今週の相場観 (by.植木良太)
──────────────────────────────────◆


■オバマ大統領の米金融規制案

先週の前半は、「ユーロ圏不安」による
ユーロ安が相場を作っておりましたが、
週末は、オバマ大統領の米金融規制案に嫌気な反応を示し、
株は大幅下落、為替は円高方向に動きました。


やっと、年末年始からの高値圏からのショートが
大きく利益に繋がったと言えます。
辛抱強くポジション調整ができた方は、その甲斐がありましたね。


ただ、オバマ大統領の米金融規制案による株安や為替の変動は、
どうも今まで材料が乏しかったので、下降トレンドになるための材料が
ちょうど欲しかったので、便乗したドル売りというか、
ポジション解消が大きな下落に繋がったようです。


ユーロ売りに関しては、先々週から大きく動いておりますが、
オバマ大統領の米金融規制案の前後で比べても、
ドルよりもユーロの変動率が高くなっております。

ユーロは、ユーロ懸念とオバマ大統領の米金融規制案で
ドル売り円買いのダブルパンチとなりました。
USD/JPYは90円台を下回り89円台になりましたが、
オバマ米金融規制案前の安値と比べても50pips程度しか変わらないので、
やはり今は、ドルよりもユーロがネガティブに敏感に反応しやすい様です。

ただ、22日0時の91.80円付近から90.20円付近に2時間程度で変動しているので、
決してUSD/JPYに何もなかったという訳ではありませんので、悪しからず。


年末年始時のピーク時からの変動値(目安)
※オバマ大統領の米金融規制案前 1/21 14:00

USD/JPY 93.66 - 90.31(335)
EUR/JPY 134.37 - 128.39(598)


年末年始時のピーク時からの変動値
※オバマ大統領の米金融規制案後 先週の最安値

USD/JPY 93.66 - 89.78(388)
EUR/JPY 134.37 - 126.54(783)


~ここまで~

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)
2009年12月: 5,193pips   (818,620円)

植木のFX配信 2009年12月実績 
>> こちら


FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
>> こちら

最長1ヶ月の配信が無料! 無料DVDのお申込み
>> こちら

今、申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。


ということは、

最低でも、2008年8月の3,000pips
最大では、2008年10月の23,000pips

1ヶ月の無料配信期間中に、1万通貨で30万円~230万円の
利益がタダで手に入るチャンスです。

信じれない方は、実際に配信を受けてみてください。


今なら、DVDも配信も無料なのであなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。


最長1ヶ月の配信が無料! 

無料DVDのお申込みはこちらから、

↓ ↓ ↓

>> こちら

編集後記

東京地検特捜部は、時の権力者である小沢幹事長を相手に
大々的な捜査を展開してしていますが、この攻防の後に
笑うのはどちらでしょうね?

私は、普段、あまりテレビを見ないのですが、
この関連のニュースは何となく見てしまいます(笑)


 

 

 


スポンサードリンク