スポンサードリンク


株式相場の現在の状況は、実態は「売り」

以下は2010/3/4に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

株式相場の現在の状況は、実態は「売り」

しかし、世界中が株価を下げないために不良債権を抑え込み、
国債価格を維持し、頑張っている中、相場は未だ暴落せず。。。

「買い」側も積極的に買うこともできないが、
売ることもできない。

この相場を長期・短期に渡り監視し、自身の相場判断に役立てるために、
このメルマガでは、幾度となく、重要な経済指標について、
解説を加えております。

このメルマガでは、経済の実態を推し量るうえで、
金利や雇用統計、GDPに注目してきましたが、

たとえば、前回は、米国の金利政策について書きました。
>> こちら

本日は、FX(為替)の観点から、
プロのFXトレーダーがどのような経済指標に注目しているのか?

を中心に紹介したいと思います。

『植木のFX配信』週レポフォローメール 3月3日配信より引用

*現在の内容に沿うように一部加筆しております。


--- 今週前半の重要指標結果 ---

●3/1(月)

1月失業率(ユーロ)19:00
 前回 → 10.0%
 結果 → 9.9%

12月GDP [前月比](加)22:30
 前回 → +0.4%
 結果 → +0.6%


●3/2(火)

1月小売売上高 [前月比](豪)9:30
 前回 → -0.7%
 結果 → +1.2%

RBAキャッシュターゲット(豪)12:30
 前回 → 3.75%で据え置き
 結果 → 4.00%に利上げ(+0.25%)

加中銀政策金利発表(加)22:00
 前回 → 0.25%で据え置き
 結果 → 0.25%で据え置き


●3/3(水)

第4四半期GDP [四半期比](豪)9:30
 前回 → +0.2%(修正 +0.3%)
 結果 → +0.9%

第4四半期GDP [前年比](豪)9:30
 前回 → +0.5%(修正 +0.9%)
 結果 → +2.7%

2月ADP全国雇用者数(米)22:15
 前回 → -2.2万人
 結果 → -2.0万人

-------------------

RBAキャッシュターゲットは、0.25%の利上げにより4.00%となりました。
利上げに関しては、週レポ前編でもお話しておりましたが、
今回の利上げと据え置きは五分五分の予想でした。

加中銀政策金利発表は、0.25%で据え置き。
6月までは据え置きする動きですから、
特に利上げを期待した動きはなかったでしょう。

また、特にGBP/JPYが大きく動きました。
現在も133円台です。
対円はどれも値が重いですが、特にGBP/JPYは弱いままです。
GBP/JPYショートポジションを先週からお持ちの方は、
この辺りで一定量の利食いはやっておきましょう。

そして以下は、この後発表される重要指標です。

--- この後の重要指標 ---

●3/4(木)

1月貿易収支(豪)9:30
 前回 → -22.52億AUD
 結果 →

BOE政策金利発表(英)21:00
 前回 → 0.50%で据え置き
 結果 →

欧州中銀金融政策発表(ユーロ)22:30
 前回 → 1.00%で据え置き
 結果 →

新規失業保険申請件数(米)22:30
 前回 → 49.6万件
 結果 →


●3/5(金)

2月非農業部門雇用者数(米)22:30
 前回 → -2.0万人
 結果

2月失業率(米)22:30
 前回 → 9.7%
 結果

-------------------

2月ADP全国雇用者数やベージュブックには、非常に注目です。
特に2月ADP全国雇用者数は、5日(金)の雇用統計に繋がるので重要です。

また、明日は欧州系の金利政策発表です。
こちらも注目です。
ギリシャ問題や最近のポンドの動きから、ひと癖ある内容になりそうです。
金利だけでなく、突発的にギリシャ関係も飛び込んできそうで、
なにやら不安定さが満載です。

米雇用統計まで、今週は気が抜けません。
しかし、私の配信では先週に仕掛けは終わっており
今週は利食い中心ですから、無理なエントリーは控えましょう。


それでは、今週のエントリーポイントを確認します。

---------------

【USD/JPY】

> <ロングエントリーのポイント>
>
> ・「**.00~**.**円」ロング構築

ポジションを持たれた方も多いかと思いますが、
現在は軟調に推移しています。
しばらくは、雇用統計を睨んだ小幅な動きの展開が続くと言えます。
不利な値など、ポジション調整をしっかりやっておきましょう。

---------------

【EUR/USD】

> <ショートエントリーのポイント>
>
> ・「1.**00」下回りショート
>  (1.****到達時にセット)

エントリーには至っていません。

---------------

【AUD/JPY】

> <ロングエントリーのポイント>
>
> ・「**.00~**.00円」ロング構築
>
> ・「**.00」上回りロング
>  (こちらはリスクがいる。無理することはない。
>   また、上昇トレンドがイマイチの場合は小幅な利食いをする)

やや上向きではありますが持ち合いが続いています。
50pips程度の小幅な利食いを入れておいても良いでしょう。

---------------

【NZD/JPY】

> <ロングエントリーのポイント>
>
> ・「**.00~**.00円」ロング構築

62円を挟んだ持ち合いとなっています。
AUD/JPYをお持ちの場合は、小幅で閉じるのも一考です。

---------------

【CAD/JPY】

> <ロングエントリーのポイント>
>
> ・「**.00~**.00」ロング構築
>
> ・「**.00」上回りロング

先週の急落からの反動か、こちらは堅調な動きです。
上回りロングがヒットしており、100pipsは取れています。

---------------

【ZAR/JPY】

> <ロングエントリーのポイント>
>
> ・「**.00~11.**」ロング構築
>
> ※既にエントリー済みの方が多いと思います。
>  ロスカットはいつもどおり**円です。

こちらも上昇しています。
順張りエントリーのタイミングも取りやすかったかと思います。
利食い目標は**円ですが、小幅な利食いも刻みましょう。

~引用ここまで~

上記フォローメールにもある南アフリカランド
ZAR/JPYの取引で、元資金10万円で、
1~2月で50万円以上の利益を上げた会員様から報告が届いております。

やり方は、植木の配信にあるZAR/JPYのロングポイントで買い、
植木の配信にある利食いポイントで決済を

ただ、ただ、繰り返すだけのようです。

小資金のトレーダーの方、ぜひ、ぜひ、お試しください!

『植木のFX配信』ロングからショートへ

前回、バーナンキ発言によるクロス円のショートエントリーで
莫大な利益をもたらした『植木のFX配信』ですが、

~参考記事~
  FRB議長バーナンキ・ショート炸裂 +2050PIPS

もう既にロングに移行してきております。

このショートの利食いポイント、ロングへの切り替えのタイミング
のヒントが今月開催される会員限定の無料フォローセミナーで
ついに!3月20日(土)、プロFXトレーダー植木から語られます。

ここで一つ、植木の会員様とのやり取りをご紹介します。

---【会員様】------------

いつもありがとうございます。
FXをはじめて約8ヶ月になりますが、
まったく勝てません。資金が減る一方です。

書籍を読んでローソク足の見方から始まり、
移動平均線、MACD、ストキャス、RSIなどのテクニカルにはまったり、
果てはメリマンサイクル理論やダウ理論、
エリオット波動論などもかじったのですが、
どうしてもうまくいきません。

「勝つためには諦めないこと」と信じて
再度学んでいきたいと思っております。

FX(投資)は一生続けていくつもりでおりますので
よろしくお願いいたします。

-------------ここまで---


過去の配信でもお話したことがありますが、
相場の世界では長年に渡り、「テクニカル派」と
「ファンダメンタル派」がそれぞれの正当性を主張し合ってきており、
現在も、その論争は続いています。

そして、これも私がいつも言っていることですが、
テクニカルもしくはファンダメンタルに固執し過ぎることは、
良くないと考えます。

つまり、ここに答えは存在しないということです。
どちらかに固執する考え自体が間違いだと思っています。

私自身、投資スタイルの関係もありますが、投資判断の際には
複数の要素を加味した上で方針を決めており、
もちろん、テクニカルの要素もきちんと取り入れます。


最近、テクニカルに関するご質問が多いのですが、
私は正直言って、初回DVDで解説しているような基礎的な部分を
しっかり学んでおけば、そこまでこだわる必要もないと考えております。


そんな私が、今月開催する会員様限定のフォローセミナーでは、
日頃から取り入れている、テクニカル指標の分析方法の一部をお見せします。

敢えて今回は「テクニカル」をセミナーのテーマとしました。

経験上テクニカルを解説すると、どうもそれに固執し過ぎてしまう
傾向が強いので本当はあまりやりたくはなかったのですが、
せっかくですから、今回はみっちりとやります!

もちろん、セミナーの参加料はかかりません。
場所は今回も東京となりそうですが、ぜひご参加ください。

なお、日程・会場などが決まり次第、
さくら投資顧問より「連絡事項」が届きますので
もうしばらくお待ちください。

---

会員限定セミナーも、今回で5回目を迎えることになりますが、
今回のテーマは、「テクニカル」。

植木が考えるテクニカルの概念・活用方法を
全てセミナーでお話します。

ちなみに、無料お試し期間中の方でも、
無料でセミナーを受講することが出来ますので、
ふるってご参加ください。


植木のFX配信の無料お試しは、
こちらからどうぞ。
↓↓↓↓↓
こちら

『植木のFX配信』推奨 初心者向きFX口座

「ヒロセ通商、外為どっとコム、サイバーエージェントFX以外に
 1,000通貨取引可能なFX業者はありますか?」

といった質問をいただきました。

植木のFX配信サービスでは、
投資資金が少ない方や経験が浅い方など、
配信に慣れるまでは、小額資金での運用を推奨しております。

数年前までは1万、10万通貨単位の取引が主流でしたが、
今では1,000通貨単位からの取引可能なFX業者が増えてきております。

「みんなのFX」1,000通貨取引可能
・スプレッドが狭く設定ドル円(0.7銭固定)
・最大400倍のレバレッジ
・20分割によるテクニカル分析チャート採用
・替差益+スワップは、決済しなければ税金が発生せず、
 ポジションを決済しなくてもスワップだけを出金することが可能

>> 公式ホームページ

「MATRIX TRADER」1,000通貨取引可能
・1,000通貨から取引手数料0円
・スプレッドはドル円(0~1銭)ポンド円(1~4銭)
・最大レバレッジ約300倍。500円から取引可能
・成行約定能力99.9%、約定スピード0.035秒の脅威のシステム採用

>> 公式ホームページ

「マネックスFX」1,000通貨取引可能
・資本金総額第1位であり東証一部上場会社
・プロトレーダーも利用する情報配信サービス
・99%ダウンしない取引システムを採用
・知名度が高く、投資家からの信頼度が高いです。

>> 公式ホームページ

以前にアンケート調査を取らせていただいた時、
「Q6.現在ご利用中のFX業者」で利用率上位3社が、
1,000通貨取引可能だったことが判明しました。

>> Q6.現在ご利用中のFX業者

この結果からみても、植木がいつもしつこく伝えている
「リスク管理」の実践が、かなり浸透していると思います。

編集後記

ついに今週末、日本初のデイトレーダー馬渕一の
プロジェクトが始動します!

詳細は、次回のメルマガでお話しますので
見逃さないようにお願いします。

それでは、また。


 

 

 


スポンサードリンク