スポンサードリンク


債券バブルの行方【無料お試しあと2日で終了】

以下は2010/3/16に私のメルマガで配信した内容です。

トレードの世界で知らない者はいないほどの馬渕一ですが、
今回、その彼がデイトレードに必要な設定値の
ほぼ全てを暴露しました。

ある程度の経験のあるトレーダーがトレードで勝つために
必要としている情報は、銘柄選択のための設定情報、
エントリーのための条件、設定値、ノイズの排除などでしょう。

余計な宣伝文句は一切排除した、
ノウハウのみの貴重なセミナーDVDです。

どれほど貴重な情報の詰まったセミナーであったのかは、
幸運にもセミナーに参加できたごく少数の方々の感想を
読んでいただければおわかりいただけると思います。

また、投資初心者でも、最高レベルのプロのトレードを
再現可能にするため、特典としてトレード配信もついてきます。

ちなみに、特典の株式トレード情報の配信に使用している
銘柄スキャンシステムは、年間利用料60万円のシステムです。

リスクを限りなく小さくしたスキャンシステムですので、
朝、指定銘柄にエントリーして、終値での決済注文を
出しておくだけで安定したリターンを確保できます。

さらに、セミナーDVDに収録された売買シグナルの設定値、
トレード手法を利用することで、短期間で更に大きなリターンを
手に入れることもできます。

株式投資で稼ぐのに、特別な才能は必要ありません。

このパッケージは1ヶ月無料お試し、返品保証付ですので、
あなたのリスクはゼロです!

 

【あと2日限り】1ヶ月無料お試しはこちらから、

 

 

債券バブルの行方

今、先進国のほとんどの銀行は、
本来の業務である融資業務をしておりません。

では、われわれが預けた預金は、
流れるべき融資先に流れずにどこに流れているのか?

そのほとんどは、国債で運用されています。

しかも、世界同時不況以来、預金以外にも、
窮地に陥った銀行への公的資金からも国債に資金が流れています。

つまり、

国債を発行して得た国の資金が、銀行に行き、さらにそれが国債に戻る。

たいへん詐欺チックな雰囲気です。

このメルマガでも再三にわたり、”債券は売り”と書いてきましたが、

国債を含む債券市場は、バブル状態です。

この国債バブルのメカニズムが破綻するとき、
世界の金融は再び、大きな崩壊へと進むのでしょう。

そして、この崩壊は、株式市場の大きな下落にもつながります。

どちらが先かはわかりませんが。

では、いつそれが起きるのか?

と言われてましても、わかりません。

だから、このメルマガでは、それらの崩壊で大きな利益の上がる投資先を
完全に解説したマニュアルを作成して配布しております。

>> こ ち ら

 

債券バブルでもっとも危険な国とは!?

このメルマガでも何度か取り上げておりますが、
最近の財政危機の話題は、もっぱらギリシャやPIGS諸国が中心です。

もちろん、ギリシャの財政赤字は深刻な状況で、
5月以降に迎える国債の借り換えができずにデフォルトするのではないか
というテーマで、昨年来、おなじみのFXトレーダー植木も
レポートを書いたりしております。

そして、いよいよ、日本でも、3月14日の日本経済新聞の1面に
「銀行の国債保有最高?リスク基準超す地銀も」と見出しが
載るまでになってきています。

日本の銀行の国債保有残高は、2008年のリーマンショック以来、
1.5倍に増加し、1月末の残高で126兆4千億円と過去最高を記録しました。

財政赤字がどれだけ危機的な状況かを見るための尺度は、
公的債務残高とGDP(国内総生産)を比較することです。

個人に置き換えて簡単な言葉でいえば、

公的債務残高は借金額

GDP(国内総生産)は年収です。

では、世界中で騒がれているギリシャの債務残高はどうでしょう?

公的債務残高/GDP = 110~120%

つまり、GDP(年収)に対して、10~20%借金が多いことになります。

年収の1.2倍の借金をしているということです。

そして、わが日本

公的債務残高/GDP = 190~200%

年収の2倍の借金です。

日本のほうが相当危機的です。

さらに日本の国債発行(借金)の状況を見ていきます。

日本の新規国債発行額は、44兆3,030億円

これが日本が今年、新たにする借金額です。

しかし、日本は、小渕政権以来、ずっと大きな借金をし続けています。

過去の借金の返済があります。

要するに今年借りた分で、過去の分を返す。

難しくいえば、国債の元利払いに充てる国債費が20.6兆円も含まれています。

44兆円もの国債発行をしていても、
半分は、過去の借金の積み重ねの処理に消えるということです。

さらに、財務省によれば、国債の元利払いに充てる国債費は、
2013年には、27.9兆円にもなります。

それに伴い、国債の新規発行も増え続けます。

2010年度 44兆3,030億円
2012年度 52.2兆円
2013年度 55.3兆円

こんな危機的な状況にも関わらず、
ギリシャよりひどい日本の財政赤字が問題とならないのか?

今までは、1200兆円といわれる個人の金融資産が銀行や郵貯に流れ、
それが国内で循環し、国債にまわるから大丈夫、という論調でした。

そこで、もう一度、日本経済新聞の見出しに戻ります。

「銀行の国債保有最高?リスク基準超す地銀も」

この見出しの意味は、すでに地方銀行の中には、
国債購入可能額の枠を使い切ってしまった銀行が出てきたということです。

国内の個人金融資産から国債へのお金の循環に
限界が見え始めてきた予兆です。

つい60年余り前、戦後の日本では、
預金封鎖と通貨切り替えにより、デフォルトになりました。

金融・投資をしている人は、われわれの世代で起きている常識だけで
判断していると、リーマンショックのような、経験にない出来事が
起きたとき、壊滅的な打撃を受けます。

次回のメルマガでは、この流れを踏まえて
債券投資についてもう少し踏み込んでみます。

 

直近の植木のFX配信 リアルタイム実況中継

ここ数週間の植木のFX配信をほぼリアルタイムでご紹介しております。

●2月21日(日)~2月27日(土)

FRB議長バーナンキ・ショート炸裂 +2050PIPS

●2月28日(日)~3月6日(土)

ショート後にロングエントリーに転換

さらにその後、ロングポジションに関しては、
米雇用統計の結果により大きく利益が伸びました。

3月2日(火)

カナダドル・円 2月23日以来となる86円台乗せ

3月5日(金)

米ドル・円  2月25日以来となる90円台乗せ
NZドル・円  2月23日以来となる63円台乗せ
豪ドル・円  82円台乗せ
南ランド・円 12円台乗せ
カナダ・円  88円台乗せ、

この週のロングエントリーで確保できた利益は次のとおり

【USD/JPY】+100pips
【CAD/JPY】+300pips
【CAD/JPY】+400pips
【AUD/JPY】+200pips
【NZD/JPY】+100pips
【ZAR/JPY】+90pips

合計 +1190pips

ここ2週間のFX配信の利益 +3240pips

獲得利益 324,000円(1万通貨) 3,240,000円(10万通貨)

さらに、現在は戻りの売りに移行し、
ユーロとポンドのショートがヒットしています。

>> こちら

 

直近の植木のFX配信 会員様の取引報告

> こんばんは。
> どうも身の丈を超えて、損失恐怖症気味です。
> エントリーがおっかなびっくりになっていまして、
> 結局1週間の取引量が3万通貨になっています。(笑)
> もっとも今週はトレンドに乗れる自信がなかったので
> そう感じるのかもしれませんが。

その気持ちで臨むことが丁度良いと思います。
今までの取引量がいかに多かったのかが、
身をもって感じているのではないでしょうか。

> 【カナダ・ドル/円】
> 7千通貨 3月1日17:05 85.00ロング エントリー
> 1万通貨    1日 22:30 85.00 ロング エントリー
>        →7000通貨  2日 86.28 利益確定 +128pips (+1万円)
>        →10000通貨 3日 86.00 利益確定 +100pips (+1万円)
>
> ※1回目はロスカット値を深く入れた(83.70)ので7000通貨。
> ※2回目は上値が重くなったところでクローズ。
>
> ※ポンドやユーロは伸び悩み状態で、クロス円が全面的に
> 上昇しているわけではないため、豪ドルやNZドルといった
> 他通貨のロングも大きなトレンドは出ないと考え、エントリーは控えました。
>
> 【ドル/円】
> 8千通貨 5日22:30 89.75ロング エントリー
>   →8千通貨 5日23:22 90.03 利益確定 +28pips (+2200円)
>
> 【NZドル/円】
> 8千通貨 5日22:30 62.01ロング エントリー
>   →保有中
>
> ※アメリカ雇用統計がらみは、サプライズの好結果が出る確率の方が高いと見て
> いたので、火傷をしない程度にギャンブルしてみました。
>
> 3月1日~5日 損失合計 + 22,200円 (含み損益 +6400円)
>
> 明日から長期海外出張です。とても気が重いのですが。

当初のトレードとは、比べものにならないぐらい良くなっています。

私が指示したことを、素直に受け止めて、
しっかりとやっていただいているので、結果もついています。

ちなみに、雇用統計でギャンブルをしましたと記載していますが、
リスク管理をしっかりしていれば、ギャンブルでもなんでもないです。

それでは、お気を付けて海外出張へいってらっしゃいませ。

 

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>>こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)
2009年12月: 5,193pips   (818,620円)
2010年 1月: 5,350pips   (503,100円)
2010年 2月: 4,943pips   (654,100円)

植木のFX配信 2010年2月実績 
>>こちら

FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
>>こちら

最長1ヶ月の配信が無料! 無料DVDのお申込み
>>こちら

 

編集後記

馬渕さんのプロジェクトについて、
たくさんお問合せをいただいてますが、
あまり深く考えないで申込みしてOKですよ。

1ヶ月無料お試し、返品保証付ですので!

 

【あと2日限り】1ヶ月無料お試しはこちらから、

↓↓↓↓↓

こ ち ら



 

 

 


スポンサードリンク