スポンサードリンク


ベテラントレーダーが語る5つのルール

以下は2010/3/26に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

本日は、プロトレーダーであるジョン・モールディン氏が
トレーダーとして挙げている必要なルールをご紹介します。

ジョン・モールディン氏は、30年のトレード経験を持ち、
シカゴ商品取引所メンバーとして活躍した経歴を持つトレーダーです。

「トレードで最も大切なことは、自分で決めたルールに従って売買することです。

損をするのは、いい加減な理由をつけてルールを破るからです。」

それでは、モールディン氏の、トレードルールをいくつか紹介します。

---

馬渕氏の「極秘セミナーDVD1ヶ月無料お試し」ですが、

キャンセル分の在庫が9個ありますので放出致します。

在庫が無くなり次第、無料お試しは終了しますので
どうぞご了承ください。

>> こちらから

トレードに必要な5つのルール byジョン・モールディン

【ルール1】 どんなことがあっても、損が出ているポジションの
       買い増し、売り増しをしないこと。

投資資金を無くす、最も確実でよく起きる簡単な方法は
難平(ナンピン)買いです。

買い足しをして損失を平均化し、回復しようとする。

もっともらしい理論ですが、これは先ず成功しません。

そんなに簡単に損が取り戻せるなら、
ロングターム・キャピタル・マネージメントが
破綻することはなかったでしょう。

どうしても買い増しをしたいなら、
儲けが出ているポジションだけに限ることです。

株価が上がる度に買っていくのです。

永久に上昇することはありませんから、一番最後に買った株に損が出たら、
持ち株を全て処分するのです。この買い足し方法は、
売りのタイミングを知るのにも役立ちます。

---

長期投資などにおいて、当初の想定した投下資金の1/3を
まず、初めに投資し、その後、追加投資していく場合は、
この限りではありません。

しかし、トレードにおいては、必ず守るべき必須のルールです。


【ルール2】 傭兵になれ。

  買いばかりに固執したり、売りだけに徹する必要はありません。

トレーダーは金で雇われた傭兵です。

強い方に付けば良いのです。

状況が変わり、自分が不利になったら、
早々に相手側に乗り換えることが肝心です。

ジェシー・リバモアも、強気弱気を主張するのではなく、
勝者はどちらなのかを見極めることの重要性を指摘しています。

---

このメルマガでもよく登場するFXトレーダー植木の
会員向けの配信をご覧いただければ、よくわかると思います。

ショートで大きく稼いだと思ったら、次の週には、
あっさりロングへ転換しているといったことは、よくあります。

直近の植木のFX配信 リアルタイム実況中継

●2月21日(日)~2月27日(土)
>> FRB議長バーナンキ・ショート炸裂 +2050PIPS

●2月28日(日)~3月6日(土)
>> ショート後にロングエントリーに転換

●3月7日(日)~3月13日(土)
>> その後のEUR/JPY・GBP/JPYショート



【ルール3】 安く買って高く売ることを目標にしてはいけない。

高く買ってより高いところで売る。それが正解です。

割安割高などとよく言われますが、
いったい何が根拠になるのでしょうか?

好例を挙げましょう。

ノーテルは1980年代たった1ドルでしたが、
2000年90ドル弱まで上げました。

当たり前ですが、90ドルに到達するには、10ドル、30ドル、
50ドルを通過する必要があります。

高いものが更に高くなっていったわけです。

私達には、適切に割高割安を判断することはできません。

---

このへんは、長期投資の投資家には、馴染みがないでしょう。

長期投資では、ファンダメンタルから安い銘柄を仕込み
じっと市場が評価してくれるまで待ちます。

そして、適正価格を超えてきたら売る。

これが長期投資の王道です。

しかし、短期での利益を追うトレードでは、
基本的にトレンドに追随していくため、
より高値、より安値を追うことになります。

そのために、そのトレンドを掴むための
チェックポイントが必要になります。

あまり難しいルールを組み合わせる必要はありません。

難しい言葉も覚える必要もありません。

案外、プロの使っているルールというのは、
ありふれたルールの組み合わせだったりします。

日本初のデイトレーダーのトレードルールの組み合わせは
こちらで無料で公開しております。

【キャンセル分の在庫がなくなり次第、終了します】 >> こちら

またあるいは、トレンドの発生している銘柄を自動的にスキャンしてくれる
システムを使用するのもよいでしょう。

あとは、プロによって確立されたルールに沿って、
プロ仕様のツールでスキャニングされた銘柄の売買をするだけです。

【スキャニングされた銘柄の配信も60日間無料】
>> こちら


【ルール4】 ブルマーケットでは買いに徹せよ。
       ベアマーケットなら売りに徹せよ。


急激な上昇の後、持ち株を処分し直ぐ空売りを試す人がいます。

しかし、ブルマーケットでそんなことをするのは危険です。

高値圏で揉み合い、更なる上昇になることが多いですから、
いきなり空売るのではなく、一時的に中立姿勢の立場をとることが大切です。

既に述べたように、私達に正確な割高判断はできません。

マーケットはいつも行き過ぎになるものです。

高いものはもっと高くなり、安いものは更に安くなります。

---

ブルへの転換、ベアへの転換は、素人トレーダーには
なかなか判断が難しいでしょう。

今回、無料お試しができる馬渕氏の”セミナーDVD”には、
初期段階のトレンド転換の判断ポイント、
その後、1日目、2日目・・・と、随時トレンド転換を確認できる
ノウハウまで解説されています。

そのノウハウに基づいて、トレンドが続くのであれば、
無料の銘柄配信で配信された銘柄の利益を追うのもよし、
買い増し、売り増しするのもよし、
トレンドが転換したのであれば、その時点で利益確定もできます。

無料の銘柄配信は、基本的には、その日のうちにトレードが
完結するデイトレードでも安定した利益を確保できますが、
このようにスイングで更に利益を追うことも可能です。

【スキャニングされた銘柄の配信も60日間無料】
>> こちら


【ルール5】 トレード方法は簡単で分かりやすいこと。

難しい理論を応用したトレード方法が脚光を浴びますが、
トレード方法は簡単なものほど役にたちます。

複雑な方法は、トレーダーを迷わせる原因になります。

しかし、簡単明瞭な手法なら的確な判断が素早くできます。

ある有名なトレーダーは、
抵抗線と支持線を使うだけで確実に利益を上げています。

多額な金を払って、分かりにくいトレードソフトを買う必要はありません。
エレガントなトレードは、簡単な手法だけが可能にします。

---

30年のトレード経験を持ち、シカゴ商品取引所メンバーとして
活躍した経歴を持つジョン・モールディン氏も
このように言っていますが、

プロのトレーダーが日々行っているトレードには、
難しいトレード方法は必要ありません。

単純、簡単、明快な方法のみが
損失を限定した勝ち続けるトレードを可能にします。

ポイントは単純な手法の組み合わせです。

簡単な手法にどのようなフィルターをかけるかです。

長年、トレードの世界で生き残ってきた
日本で唯一リアルタイムトレードセミナーを開催する
力のある馬渕氏のトレード手法は、セミナーDVDで
単純明快に公開されております。

このようなプロのトレード手法が具体的に公開されている
セミナーDVDが無料・・・

というのはあり得ないことですが、、、

なぜ、無料で公開されているのか?

ぜひ、ご自信の目で確認してください。


【あと9名限り】今すぐ、 こちら

 

 

 


スポンサードリンク