スポンサードリンク


世界で最も注目すべき経済指標が発表されます

以下は2010/4/1に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

世界の経済を見るとき、アナリストもFRBや日銀などの中央銀行も
証券会社もファンドマネージャーも全ての金融関係者が

経済危機以降、もっとも注目されている月次の経済指標

それは、米国の非農業部門雇用者数です。

このメルマガでも何度も取り上げていますが、
本日は、この非農業部門雇用者数がなぜ、注目されるのか?

そこから話したいと思います。

金融危機が始まった2008年

米国の実質個人消費支出は、8兆2721億ドルでした。
これは、米国の実質GDP(11兆6520億ドル)の71%を占めています。

名目の個人消費支出では、日本と中国の名目GDPの合計よりも
多い月もあるほど、米国の消費規模は巨大です。

そして、その消費を支えるのが雇用者です。

失業者は消費を絞ります。


金融危機以前の過去、最も雇用者の減少数が大きかったのは、
1981年7月~1982年12月(17ヶ月)のマイナス2838千人

次に多いのが2001年2月~2003年8月(30ヶ月)のマイナス2708千人

今回の雇用者数の減少はこの歴代記録の2~3倍の規模の減少幅です。

基本的に雇用なき回復と言われるようなジョブレスリカバリーに
ならない限り、米国経済と雇用者数は連動します。

日本と米国の株価は連動性が高いです。

そして、日本と米国の株価は、米国の非農業部門雇用者数に
先行して動きます。

ということで、株価や経済の本質的な先行きを見るには、
この非農業部門雇用者数は非常に重要な経済指標なのです。

最新の3月の非農業部門雇用者数は明日(4月2日)発表になりますが、
これまでの非農業部門雇用者数の流れを下記に載せておきます。

こちらも、植木のFX配信にちょうどよいデータの載っていたので、
拝借させていただきました。

---

その他、失業率などに関してはバックナンバーをご覧ください。

  新しい失業率のセオリー
  米国の失業率16%! 日本の失業率10%以上!
  【祝】失業率10%突破!記念号

米国非農業部門雇用者数の推移

下記、植木のFX配信、週間レポート3/29~4/2(前編)
よりの引用です。

---

今週のメインは、いつも月初めといえば「米雇用統計」です。

もう一度ここで、数ヶ月程度米雇用統計の流れを
確認してみたいと思います。

●12/4(金)
11月非農業部門雇用者数(米)22:30
 前回 → -19.0万人(修正 -11.1万人)
 結果 → -1.1万人

11月失業率(米)22:30
 前回 → 10.2%
 結果 → 10.0%

円安方向へ大きく動く要因となった米雇用統計。
失業率は10%台と以前高い数値であるが、
前回より減少して予想よりもやや強い数字であった。
11月非農業部門雇用者数は、予想が-12.5万人程度だったので、
大きく改善されたことでドル買い。
 ↓
●1/8(金)

12月失業率(米)22:30
 前回 → 10.0%
 結果 → 10.0%

12月非農業部門雇用者数(米)22:30
 前回 → -1.1万人(修正 +0.4万人)
 結果 → -8.5万人

12月非農業部門雇用者数は、結果-8.5万人となり、
予想よりも減少した結果となった。
米雇用統計は予想よりも悪化したものの、
NYダウは上昇し、前日終値比11.33ドル高の1,0618.19ドルで、
1年3ヶ月ぶり高値で取引を終えた。
 ↓
●2/5(金)
1月失業率(米)22:30
 前回 → 10.0%
 結果 → 9.7%

1月非農業部門雇用者数(米)22:30
 前回 → -8.5万人(修正 -15.0万人)
 結果 → -2.0万人

失業率は10%台から改善されたものの、特に大きく変化した感じはなく、
非農業部門雇用者数に関しては予想より悪い結果。
どちらも改善といった状況であれば、大きな動きもあったかもしれないが、
全体的に消化不良といった様子です。
 ↓
●3/5(金)
2月非農業部門雇用者数(米)22:30
 前回 → -2.0万人
 結果 → -3.6万人

2月失業率(米)22:30
 前回 → 9.7%
 結果 → 9.7%

「大雪の影響で一時的な悪化が見込まれるだろう」との理由がありましたが、
減少幅が市場予想よりも小幅にとどまったことが好感されたようだ。

---

まとめるとこうなります。

非農業部門雇用者数
10月 -11.1万人
11月 +0.4万人
12月 -15.0万人
1月  -2.0万人
2月  -3.6万人

失業率
10月 10.2%
11月 10.0%
12月 10.0%
1月  9.7%
2月  9.7%

そして、本日、4/1(木)
新規失業保険申請件数(米)21:30
 前回 → 44.2万件
 結果 →

明日、4/2(金)
3月非農業部門雇用者数(米)21:30
 前回 → 7.00%で据え置き
 結果 →

3月失業率(米)21:30
 前回 →
 結果 →

さて、どうなるのでしょうか?

FXのポジションをお持ちの方は、
植木のFX配信を参考に利食い、ホールドなどをご検討ください。

植木のFX配信 最近の配信実績

●2月21日(日)~2月27日(土)
FRB議長バーナンキ・ショート炸裂 +2050PIPS
●2月28日(日)~3月6日(土)
ショート後にロングエントリーに転換
●3月7日(日)~3月13日(土)
その後のEUR/JPY・GBP/JPYショート
●3月20日(日)~3月27日(土)
AUD/JPY、NZD/JPY、GBP/JPY、GBP/USDショート +650PIPS

植木のFX配信 会員様とのやりとり

こんばんは、植木です。
メールありがとうございます。

エクセルの取引添削を拝見させていただきました。

下回りショートについては、特に問題ないと思います。
利食いの仕方は、ご自身のルールであれば問題ないでしょう。

> 下回りショートは、数値が高くて、まだまだと思っても、
> 予約の注文は出しても良いでしょうか?

> まだ早いかなと思って少し見ない間にポイントを過ぎていた
> ということになりました
> それで、乗り遅れたにも関わらず、ポジション持って失敗。

週間レポートを受け取った時点でエントリー注文を入れて下さい。
場合によっては、利益を取り逃すこともあります。

また、取引履歴内のGBP/USD(3/16)、EUR/JPY(3/16)のように
エントリーポイントから乗り遅れた場合には、
次のチャンスまで待つことにしましょう。

> 今週は22800円の利益でした。が、戻り売りが難しいです
> 範囲内に値が下がってきて、そこから再び陽線になった後に
> 下がり始めたのを確認してエントリー、でいいのでしょうか?
> 陽線1本ぐらい上がったくらいでは戻ったとはいえないのですか?

戻り売りに関しては、
エントリーの第一条件として、******を確認します。
そして***を見ていき、**・**切り下げを確認して
エントリーを入れていきます。

また、1本の**で値を戻した後でも問題ありません。
その後、陰線**でも良いのですが、*,*本と続いたほうが
より確実です、

エントリーする際は、分散させるようにすることを推奨します。

戻り売り(押し目買い)は、個人投資家にとって
非常に有効的なトレード手法です。

投資の大半はそのような技術や知識が勝敗を分けます。

戻り売りに慣れてもらうために、まずはデモで慣らしてみるとか、
少量取引で手堅くいくなど、実践をより多く積むことが大事です。

植木のFX配信:デモトレードのススメ

植木のFX配信サービスでは、FX取引に慣れるまでの間は
少量取引やデモトレードで経験を積んでいただくよう、
お願いしております。

本日は、アドバイスを忠実に実行されて、着実に投資スキルを
アップさせている会員様をご紹介させていただきます。


-----【会員様】----------

2回目のメールをいたします。
目を通していただけますでしょうか、
よろしくお願いいたします。

デモトレード200万円 1万通貨単位

EUR/JPY  124.132(3/15)S  1枚
122.987(3/18) +11,450

EUR/JPY  124.122(3/15)S  1枚
保有中

AUD/JPY  82.785(3/15)S 1枚
保有中

GBP/USD 1.528 (3/18)S 3枚
1.52073(3/19分散1枚) +7,270
1.51424(3/19分散1枚) +13,760
1枚保有中

EUR/USD  1.37 (3/18)S   3枚
1.36144(3/19分散1枚) +8,560
1.35495(3/19分散1枚) +15,050
1枚保有中

GBP/JPY  137.3 (3/19)S   3枚
135.943(3/19分散1枚) +13,570
2枚保有中

NZD/JPY 63.994(3/20)S 3枚
保有中

今週の結果 +69,660円

出来るだけIFDで注文を入れ、
ストップを+100pips(1円)に設定しています。

表示の仕方は会員報告メールを参考にしましたが、
これでもよろしいでしょうか。

「少量取引もしくはデモトレードをされた方が良い」
というアドバイスから、デモトレードを行ってみました結果ですが、
お気づきの点がありましたら、またアドバイスをいただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。


-----【植木】-----------

早く利益を出したいと気持ちが強すぎて、
右も左も分からない状態から実践をしていまう方がいる反面、
○○様はデモトレードから堅実に知識とテクニックを磨いていることは、
大変、素晴らしいです。

取引量やストップ値、利食いなどのルールが示されていないので、
今回のトレードが、○○様にとって適性だったのかはわかりませんが、
しっかりと、勝ちパターンを構築しようとする姿勢が、
十分に伝わってきますので、現在のところは特に問題ないです。

この調子で頑張っていきましょう。

それでは、今後とも宜しくお願い致します。


---(ここまで)-------------

今回ご紹介した会員様は、分散エントリーを上手く使い、
約7万円近くものプラス収益を出しています。

保有中のポジションも入れたら、
10万円以上の利益になるのではないでしょうか。

また、IFD注文を使いこなし、ストップも入れていることから、
リスク管理にもしっかりと対応されております。

デモトレードは、リアルトレードと同様の為替値でトレードできますが、
リスクが全く無いので、精神的に大きな違いがあります。

いくら失敗してもリスクがゼロという利点を生かして、
適切なレバレッジ、ロスカット値、エントリー・利食いのタイミングなど、
自分ルールの構築や、投資テクニックを向上させるために、
是非ともおススメしたいです。

私がイチオシするデモトレード口座はこちら。
 ↓
こちら

まだ、私の配信に慣れていない方や、
FXを始めたばかりの初心者の方。

デモトレードを活用されてみてはいかがでしょうか?

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)
2009年12月: 5,193pips   (818,620円)
2010年 1月: 5,350pips   (503,100円)
2010年 2月: 4,943pips   (654,100円)

植木のFX配信 2010年2月実績 
>> こちら

2010年2~3月の直近の配信実績の詳細
>> こちら

FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
>> こちら

最長1ヶ月の配信が無料! 無料DVDのお申込み
>> こちら

今申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。

ということは、

最低でも、2008年8月の3,000pips
最大で、2008年10月の23,000pips

1ヶ月間で、30万円~230万円(1万通貨単位取引)の
利益を上げた情報をタダで手に入るチャンスです。

信じれらない方は、実際に配信を受けてみてください。


今なら、DVDも配信も無料なので、
あなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。

最長1ヶ月の配信が無料! 

無料DVDは、こちらで手に入れてください。
↓↓↓↓↓
 こ ち ら

取引するだけで儲かる不思議なキャンペーン

FX口座の中でも人気の高いマネーパートナーズが、
2010年4月から3ヶ月連続で、キャッシュバックキャンペーンを
開催しています。

キャッシュバック金額上限なしで、取引高に応じた
キャッシュバックキャンペーンです。

【実施期間】
2010年4月1日~2010年6月30日営業日終了時点まで

【実施内容】
1万通貨につき、一律『25円』をキャッシュバック
(往復で『50円』=スプレッド換算で「0.5pips」)

【対象者】
マネーパートナーズに口座開設をしている全ての方

【対象通貨】
パートナーズFXにて取引可能な全通貨ペア

【実施方法】
1ヶ月ごとにキャッシュバック合計額を算出し、
翌月中旬にパートナーズFX取引口座に入金

【適用例】
キャンペーン期間中に毎日10万通貨単位の往復売買をした場合、
10万通貨単位×1ヶ月(20営業日)÷1万×25円×2=10,000円

10,000円×3ヶ月=30,000円のキャッシュバック成立!!

1通貨ペアだけではなく、パートナーズFXが取り扱っている、
全ての通貨ペアが対象なので、スキャルピング・デイトレードなど、
短期売買の手法トレードで、資産運用している個人投資家に、
最も有利なキャンペーンとなります。

詳しくはこちら


マネーパートナーズ【7つの魅力】

1.FX業者で初の上場を果たした、マネーパートナーズグループ

2.ドル円スプレッド 1.9pips

3.レバレッジ 1~100倍

4.取引手数料無料

5.100通貨単位から取引可能(パートナーズFX nanoの場合)

6.100%以上の信託保全完備

7.プロと同水準のPC用厚生の取引アプリケーション
 「HYPER SPEED」を無償提供!

公式ホームページはこちら

編集後記

今日は、国内生命保険業界2位の第一生命が
東証一部に新規上場しましたねー。

初値は16万円を付け、売り出し価格の14万円を上回りました。

ちなみに、新規公開株(IPO)に関するニュースを
以下のメルマガにて完全無料で配信しておりますので、
よろしければ読んでみてくださいね。

初値予想等を、真面目にお届けしております。

>> こちらから

それでは、また!

 

 

 


スポンサードリンク