スポンサードリンク


第2次金融危機

以下は2010/6/3に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

この1ヶ月、世界のほとんどの市場で株が売られ、
日経平均も11000円台からたった1ヶ月で9400円台まで
一気に下落しました。

>> こちら

世界中が不良資産の精算という本当の問題に見て見ぬフリをして、
溢れたマネーで上げてきた市場が、

ギリシャなどの欧州諸国の財政問題をきっかけに
このメルマガで再三、書いてきた経済対策の負の部分に
目がいった結果でしょう。

このメルマガで書いてきた金融緩和、経済対策の負の部分とは、
世界各国で行われている国債の増発と政府による国債の買い受けですが、

日本、アメリカに次いでついに
ECBも禁断の果実に手を出してしまいました。


下記レポートを読まれた方ならお解かりと思いますが、

>> こちら


国債の増発と政府による国債の買い受けは、通貨の価値を下落させます。

通貨の価値が下落するのですから、預貯金の価値は利息分を超えて
価値が減少していきます。

そこで、当面使わない定期預金などは、ゴールドに投資すべきなのです。

ゴールドに投資というよりも、ゴールドで資産を保有する。

ゴールドを定期預金の代わりにする。

といったほうが正しいかもしれません。


1年以上前に、下記レポートを公開し、その投資法に沿って、
ゴールド投資を開始した方は、大きな利益を手に入れています。

そして、預金の代わりにゴールドを持つという意味を
キャピタルゲインと共に肌で感じていらっしゃることでしょう。


既に大きく上昇してしまったゴールド価格を見て、
ゴールド投資を始めたくても、もう遅いのではないか?

という方もいらっしゃるでしょう。

ここ数年、商品投資を推奨しているジム・ロジャースは、

「ゴールド価格は今後10年は上がり続けるだろう。」

「ユーロは崩壊してなくなるだろう」

という発言をしております。

ユーロが崩壊するかはわかりませんが、

ゴールドがこれから長期に渡って上昇を続けるのは間違いないことでしょう。

現在の通貨制度の崩壊、もしくは、資本主義自体の枠組みの大変動も
あるかもしれません。

ゴールドを知り、ゴールドと付き合うことのできない投資家は、
今後、生き残れません。

今からでも遅くはありません。

少しでも早く、ほんの少しでもゴールドについて知ってください。

● GOLD投資完全攻略マニュアル

第2次金融危機

6月1日配信のメルマガでギリシャ問題について書きましたが、

>> ギリシャ⇒アイルランド⇒ポルトガル⇒スペイン⇒イタリア⇒英国

ギリシャ問題は、既にスペインまで飛び火し、
この後、他の欧州各国へ飛び火していきます。

そして、それが英国へ飛び火すれば、それはアメリカにも飛び火し、
日本にも飛び火してきます。

そのとき、金融危機の第2波がやってきます。

リーマンショックのような金融危機が再び起きるのです。

しかし、リーマンショック時とは違い、今回の第2波では、
実行可能な経済対策の手段は、かなり限定されます。

リーマンショック以降、世界各国が金利を下げ、
徹底的な金融緩和政策を取ってきました。

そして、できもしないのに、いまだに利上げの出口がどーたらこーたらと、
ブツブツ言っておりますが、多くの国でゼロ金利のままです。

これ以上の金融緩和は、国債の増発と買い受け
つまり、造幣局でお金を刷るくらいしかできることがないのです。

私たちは、この大変動を目の当たりにする歴史の目撃者となります。


ゴールドで資産を防衛し、利益を上げることが最も簡単な手段ですが、
この金融危機では、もちろん為替にも大変動が起きます。

米国発の金融危機後、次は欧州だ。

と何度もメルマガでも書いてきましたが、

今回の震源地である欧州の通貨、ユーロは今後どうなるのでしょうか?

今回のギリシャを含む欧州諸国への救済案に対する
著名人の評価を見てみましょう。

●ジム・ロジャーズ氏

今回の救済策はユーロの命をさらに縮めるもとになる。

●ルービニ教授

ギリシャは最終的にユーロ圏からの離脱を強いられる可能性がある

●ポール・クルーグマン教授

欧州当局は単に問題を先送りしただけだ。

●FRB議長

今回の救済策は一時的なものにすぎない。

多くの著名人が今回の救済策を一時的な先送りにしかならない。

この無間地獄に足を踏み入れたユーロの下落を示唆しています。

前回の金融危機の際に、植木のFX配信では、
ほんの数日、1週間のうちに、数十万円、数百万円という
利益を上げています。

植木のFX配信では、大変動の際に、自動的に作動する
トリガーを常に仕掛けています。

その引き金が引かれたとき、大きな利益を生み出すには、
為替が大きく動かなければなりません。

5月でいえば、ギリシャ格下げの際のクロス円の暴落です。

前回の金融危機のときの植木のFX配信の状況は、
このメルマガの下部に載せてありますので、ご覧になってみてください。

ただ、資金管理やトレード方法など、植木のFX配信を利用する上で
基本的なことは、今から学んでおく必要があります。

最小限必要なことを知っているだけでも、利益を上げることはできますが、

いざ、大暴落が起きたときに、

まだ馴れていなくて、取引量が少なくて少ししか利益にならなかった。。。

オタオタしているうちに、追加ポジションが取れなかった。。。

ついつい、早めに利食いしてしまった。。。

などのメンタル部分を鍛えておかなければ、
最大限に利益を伸ばすことはできません。

今から備えておいてください。

最長1ヶ月の配信が無料! 無料DVDのお申込みはこちら

植木のFX配信 2010年2~4月 ギリシャ問題時の暴落

4月~5月にかけてのクロス円の暴落時の経済状況と
植木のFX配信の状況をまとめてあります。

  2010年2~3月の配信実績の詳細
  3月28日~4月3日 世界的な株高と米国雇用統計の改善と円安相場
  4月4日~4月10日 株高と債券安、金・原油高、ギリシャ格下げ
   ⇒ 【植木のFX配信 ショート +600pips】
  4月11日~4月17日 暴落前夜第1週目
  4月18日~4月24日 暴落前夜第2週目
  ⇒ 【植木のFX配信 ロング +400pips】
  4月25日~5月1日 ギリシャ・ポルトガルの大幅格下げ
  ⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +1,100pips】
  5月2日~5月8日 欧州通貨の大暴落
  ⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +3,400pips】

1回の暴落相場で1000万円稼ぐ植木のFX配信

今回のギリシャ格下げの際の暴落で植木のFX配信では、

【EUR/JPY】ショート +1400pips超
【NZD/JPY】ショート +600pips超
【GBP/JPY】ショート +1400pips

合計 +3400pipsの驚異的な利益を再び上げています。

やはり、植木FXは暴落に強いことが再び証明されました。

リーマンショック後の暴落時の植木のFX配信の状況は
下記でご紹介しております。

~過去の暴落時の植木のFX配信の実績~

☆ リーマン破綻直後の大底エントリーで 3,118pips

☆ 世界中が暴落した2008年10月末、たった2日間で
5,742pips以上の利益を上げたショートエントリー


☆ 2008年11月始めの戻り売りで2,322pips

☆ 過去最大!1週間で9,753pips(975.3万円)のショートエントリー
☆ 5日間で1,736pips(173.6万円)のショートエントリー

☆ 1,400pips(140万円)の指値ショートエントリー

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)
2009年12月: 5,193pips   (818,620円)
2010年 1月: 5,350pips   (503,100円)
2010年 2月: 4,943pips   (654,100円)
2010年 3月: 7,213pips   (871,820円)
2010年 4月: 4,642pips   (727,200円)

>> 植木のFX配信 2010年4月実績

<<FXトレーダー植木のテクニックが無料で手に入る>>

>> FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中
>> FXチャートのトリセツ

植木の無料DVDと初月無料FX配信は、こちらから。

今申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。

ということは、

最低でも、2008年8月の3,000pips
最大で、2008年10月の23,000pips

1ヶ月間で、30万円~230万円(1万通貨単位取引)の
利益を上げた情報をタダで手に入るチャンスです。

信じれらない方は、実際に配信を受けてみてください。

今なら、DVDも配信も無料なので、
あなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。

最長1ヶ月の配信が無料!

無料DVDは、こちらで手に入れてください。

2年連続No.1のFX業者がキャッシュバックキャンペーン!

2年連続FX年間取引高No.1に輝く「外為オンライン」ですが、
その人気のひとつに挙げられるのは高水準のスプレッドです。

トレードを行うごとに発生してしまうスプレッドですが、
このスプレッドが小さいFX業者を利用することで、
利益獲得の最短距離を走ることができます。

「外為オンライン」なら、ドル/円1銭原則固定で業界最高水準、
その他の通貨ペアも、ユーロ/円2銭、ポンド/円5銭と、
他の業者と比べると圧倒的に狭いことがわかります。

その上、スワップポイント、取引手数料は無料、
資金を信託銀行に信託する信託保全スキームを導入、
安心して取引できるFX業者です。

取引高が最も多いということは、
それだけ、FXのヘビートレーダーの新任を受けている証拠です。

どうせ、取引するなら、少しでもムダなコストは削りたいところです。


その「外為オンライン」が、
只今、キャッシュバックキャンペーンを実施しています。

1.「外為オンライン」取引口座を新規開設
 ↓
2.初回入金額として10万円以上を入金
 ↓
3.1回の取引
 ↓
【5,000円】キャッシュバック!

詳細はこちら

 

 


スポンサードリンク