スポンサードリンク


暴落クラッシュか反転か!?

以下は2010/7/1に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

6月30日(水)

●スペイン国債の格下げ

米格付け会社ムーディーズが、スペイン国債を
経済見通しの悪化により、引き下げる可能性を発表しました。


●日経平均が年初来安値を更新

30日の東京株式市場では、日経平均が4日続落し、
前日比188円03銭安の9382円64銭で取引を終了

6月9日以来、3週間ぶりに年初来安値を更新しました。
終値では2009年11月30日(9345円)以来の水準となりました。


●NYダウが年初来安値を更新

また、米株式市場では、NYダウ平均が5日続落し、
前日比96ドル安の9774ドルで取引を終了。

年初来安値を更新し、2009年11月3日以来約8ヶ月ぶりの水準となりました。


●ドル円88円台

米6月ADP全国雇用者数が市場予想を大きく下回ったことを受けて、
ドル円が一時、88.40円台まで下落しました。


<<FXトレーダー植木のテクニックが無料で手に入る>>

  FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中

  FXチャートのトリセツ

暴落クラッシュか反転か!?

この急激な株式相場の下落と円高で、クラッシュの再来を
感じている投資家も多いと思います。

このメルマガのスタンスは、いずれ来る下落を予想しているのですが、
今回の下落は果たして大暴落につながるのでしょうか?

今回の下落の大きな要因のひとつに、
昨年ECBが実施した資金供給オペの借り換えがあります。

昨年の6月30日に、ECBは1%の固定金利で
1年物の資金供給オペを約4420億ユーロ実施しました。

要するに、欧州の銀行に45兆円近い資金を貸したわけです。
そして、その満期が1年後の6月30日だったのです。

ギリシャなどの不良債権を大量に抱えた欧州の銀行が
無事に借り換えできるのか?という投資家の懸念、

そして、数十兆円という資金が市場から無くなってしまう影響

これらの要因が株価を調整させました。

金融危機時には、金融当局が金融機関にお金を大量に貸します。

その資金は、金融当局の思惑では、
企業などへの貸出にまわしてもらいたいところですが、

ただでさえ、不良債権を抱えて処理に困っている銀行が
貸出を増やすことはなく、その供給された資金は、
流動性のある株式や債券市場にまわっていきます。

この資金が数十兆円単位で引き上げられるということで
株価が調整したわけです。

また、日本株が売られている最大の理由は、この円高です。

しかし、今回の相場でこれ以上ドルが売り込まれる可能性は低いかと思います。

クロス円のショートは、利食い場面ではないでしょうか?

植木のFX配信を見ても、先週来のショートの利食いから
まだヒットしていませんが、トレンドフォロー戦略の
ロングエントリーの配信が出てきています。

■先週の植木のFX配信結果

【AUD/JPY】+400pips

「78.**」下回りショート

【GBP/JPY】+350pips

「135.**円」下回りショート
(135.**円到達時にセット)


■今週の植木のFX配信結果

【EUR/USD】+100pips

「1.23**」下回りショート

【NZD/JPY】+300pips

「63.**」下回りショート

【GBP/JPY】+300pips

「134.**」下回りショート


■合計 1450pips

獲得利益145,000円(1万通貨単位)

獲得利益1,450,000円(10万通貨単位)


さて、この大きな下落相場が暴落に向かうのか?

反転となるのか?

気になるところです。

市場の注目は明日の米国の雇用統計に向いているようですが、
私は明日の雇用統計が良かろうと悪かろうと
暴落にはつながらないと考えています。

これ以上、ドルが下がるならば、暴落へとつながるクラッシュが
起きる可能性が高いです。

しかし、ゴールド価格は安定していますし、
クラッシュの予兆はないと思います。

軽くクラッシュしたとしても、また目先は反転すると思います。

植木のFX配信ではショート、このメルマガでも日経平均などの売りを
ススめてきましたが、ここでショートを利食いし、

更に、引き付けて反転を狙った買いで、反転とともに、
FXのロングと株式ロングの利食いをしていくだけでも
大きな利益を上げられると思います。

最近よく出てくる悪材料は、ほぼ織り込みながら来ていると思います。

わかりきった悪材料を、新たな悪材料のように見せることで、
相場を下げさせたい思惑があるのではないかと思います。

下げるだけ下げさせて、利益を取り、
また反転で利益を取る。

このようなシナリオではないかと思います。


最近の乱高下の激しいFX相場で植木のFX配信も絶好調です。

1回の暴落相場で1000万円稼ぐ植木のFX配信

今回のギリシャ格下げの際の暴落で植木のFX配信では、

【EUR/JPY】ショート +1400pips超

【NZD/JPY】ショート +600pips超

【GBP/JPY】ショート +1400pips

合計 +3400pipsの驚異的な利益を再び上げています。

やはり、植木FXは暴落に強いことが再び証明されました。

リーマンショック後の暴落時の植木のFX配信の状況は
下記でご紹介しております。

~過去の暴落時の植木のFX配信の実績~

☆ リーマン破綻直後の大底エントリーで 3,118pips

☆ 世界中が暴落した2008年10月末、たった2日間で
5,742pips以上の利益を上げたショートエントリー


☆ 2008年11月始めの戻り売りで2,322pips

☆ 過去最大!1週間で9,753pips(975.3万円)のショートエントリー

☆ 5日間で1,736pips(173.6万円)のショートエントリー

☆ 1,400pips(140万円)の指値ショートエントリー

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)
2009年12月: 5,193pips   (818,620円)
2010年 1月: 5,350pips   (503,100円)
2010年 2月: 4,943pips   (654,100円)
2010年 3月: 7,213pips   (871,820円)
2010年 4月: 4,642pips   (727,200円)
2010年 5月: 7,448pips (1,037,470円)

植木のFX配信 2010年5月実績
>> こちら


<<FXトレーダー植木のテクニックが無料で手に入る>>
  FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中

  FXチャートのトリセツ


植木の無料DVDと初月無料FX配信は、こちらから。

植木のFX配信 2010年2~4月 ギリシャ問題時の暴落

4月~5月にかけてのクロス円の暴落時の経済状況と
植木のFX配信の状況をまとめてあります。

  2010年2~3月の配信実績の詳細

  3月28日~4月3日 世界的な株高と米国雇用統計の改善と円安相場

  4月4日~4月10日 株高と債券安、金・原油高、ギリシャ格下げ
⇒ 【植木のFX配信 ショート +600pips】

  4月11日~4月17日 暴落前夜第1週目

  4月18日~4月24日 暴落前夜第2週目
⇒ 【植木のFX配信 ロング +400pips】

  4月25日~5月1日 ギリシャ・ポルトガルの大幅格下げ
⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +1100pips】

  5月2日~5月8日 欧州通貨の大暴落
⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +3400pips】

 

 


スポンサードリンク