スポンサードリンク


FXのレバレッジ規制について(2)

以下は2010/8/4に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

15年以上に渡って株式トレードで勝ち続け、

億単位の利益を積み上げてきた世界屈指の株式トレーダー

「馬渕一」の投資手法を無料プレゼントします。
>> こちら

FXのレバレッジ規制について(2)

本日の記事は前回の続編です。

FXのレバレッジ規制について(1)

以下、さくら投資顧問株式会社にて
会員様に対して配信した記事を使用しております。

---

本日は、「レバレッジ規制」について、
引き続き、お伝えしたいと思います。

まず初めに、植木のFX配信サービス「植木良太のFX投資情報」では、
リスク管理を重要視していることから、

会員様自身の投資資金に見合った取引量、ロスカット値で
トレードをすることが大前提です。

当然ですが、高レバレッジでのトレードは
利益と共に損失も大きくなります。

それなりのリスク許容量が必要となりますので、
ご自身のリスク許容量を超えたトレードとならない様に、
充分お気をつけください。

※基本的に、植木良太は、高レバレッジでのFX投資には否定的です。
 本日のメールは、弊社スタッフによる参考記事としての配信です。

さて、前回もお伝えしましたとおり、

1)2010年8月1日~ → レバレッジが最大50倍まで
  (証拠金=取引額の2%)

2)2011年8月1日~ → レバレッジが最大25倍まで
  (証拠金=取引額の4%)


高レバレッジで運用していた投資家には、
あまり、良い法令とは言えません。

そこで、今まで通りのレバレッジで取引をしたい方に、
レバレッジ規制を切り抜ける方法を紹介します。


その方法とは、「海外FX業者」の存在です。


●海外FX業者のメリット

日本のレバレッジ規制が及ばない海外FX業者を利用すれば、
今まで通りのレバレッジで取引が出来ることになります。

特にイギリスでは、レバレッジの上限を定めていないことから、
世界中の個人投資家からの人気を集めています。

しかし、海外FX業者と聞くと、我々日本人にとっては
「言語」の問題が一番のネックになるのではないでしょうか?

ところが今では、日本人専用のカスタマーセンターを設置していたり、
日本語対応のサイトを提供している業者が、増えてきているようです。

また、送金手続きに関しては、「手間がかかる」「コストが高い」
といったことが懸念されますが、多くのFX業者は、
クレジットカードによる支払いが可能で、
即時、トレードが開始できるようになっています。

このように、昨今の海外FX業者はとても充実してきております。


●海外FX業者のデメリット

ところが、デメリットは他にもあります。


それは、会社が海外にあるため情報が乏しく、
経営状態など、会社自体の実態を把握することが難しいところです。

これは、一部の国内業者でも同じようなことが言えますが、
海外FX業者は、まだまだ情報不足な面があります。

現状として、怪しげなFX業者も少なからず存在します。
(もちろん、安心できる業者は多くありますが)


以上のことから、多くの情報収集に力を注ぎ、
始めは小資金から預けてみることなどが大事になってきます。

また、海外FX業者だからといって、日本にも支店が在住していれば
税金を支払わないといけないことになりますので、注意しましょう。


●国内FX業者の法人名義口座

その他にも、レバレッジ規制を逃れる方法として、
法人名義でFX口座開設をするのも1つの手です。
(FX会社によっては、個人/法人を統一している業者もあります)

前回の配信記事でお伝えしましたが、
法人であれば、レバレッジ規制の対象外となります。

しかし、法人化にするための手間、時間、資金など、
結構な労力が必要になります。

高レバレッジでのトレード、という目的のためとしては、
割りに合わない部分が大きいと思いますので
あまりおススメできませんが、そのような方法もあります。


また、余談ではありますが、国内FX業者も顧客確保のために、
様々なサービスを展開するのではないかと思われます。
(キャンペーン内容の強化やシステムの最適化など)

国内FX業者徹底比較

そして、節税には強いのですが
レバレッジ設定が低評価だった「くりっく365」も、
レバレッジが一律になることで、一気に利用者数が増えそうです。

クリック365徹底比較


いずれにせよ、常々私どももお伝えしているように、
万一に備え、いつもで資金が移動できるように、
複数の口座を開設しておくことをおススメします。


※海外のFX業者につきましては、皆様からのご要望次第では、
 また別の機会に、詳しい情報提供も検討しております。

植木のFX配信 2010年3~6月 ギリシャ危機後の下落相場

4月~6月にかけてのクロス円の暴落時の経済状況と
植木のFX配信の状況をまとめてあります。

2010年2~3月の配信実績の詳細

3月28日~4月3日 世界的な株高と米国雇用統計の改善と円安相場

4月4日~4月10日 株高と債券安、金・原油高、ギリシャ格下げ 
⇒ 【植木のFX配信 ショート +600pips】

4月11日~4月17日 暴落前夜第1週目

4月18日~4月24日 暴落前夜第2週目
⇒ 【植木のFX配信 ロング +400pips】

4月25日~5月1日 ギリシャ・ポルトガルの大幅格下げ
⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +1100pips】

5月2日~5月8日 欧州通貨の大暴落
⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +3400pips】

5月9日~5月15日 ギリシャ大幅格下げと欧州通貨の大暴落
  ⇒ 【植木のFX配信 ロング +400pips】

5月16日~5月22日 ドイツの空売り規制とクロス円の暴落

5月23日~5月29日 スペインの格下げとユーロ9年ぶりの下落
⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +2000pips】

5月30日~6月5日 ギリシャ危機後1度目の相場の反発
⇒ 【植木のFX配信 ショート +550pips】

6月6日~6月12日 ゴールド最高値更新
⇒ 【植木のFX配信 ロング・ショート +800pips】

6月13日~6月26日 ギリシャ格下げでジャンク債に

FX専業トレーダー植木の配信実績

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
こちら

2009年 1月: 9,500pips   (927,570円)
2009年 2月: 8,272pips   (825,580円)
2009年 3月:13,355pips (1,293,760円)
2009年 4月: 3,158pips   (315,740円)
2009年 5月: 3,685pips   (369,180円)
2009年 6月:11,013pips (1,338,375円)
2009年 7月:14,260pips (1,705,260円)
2009年 8月: 6,901pips   (858,700円)
2009年 9月: 4,880pips   (612,620円)
2009年10月: 7,222pips   (876,720円)
2009年11月: 3,780pips   (335,740円)
2009年12月: 5,193pips   (818,620円)
2010年 1月: 5,350pips   (503,100円)
2010年 2月: 4,943pips   (654,100円)
2010年 3月: 7,213pips   (871,820円)
2010年 4月: 4,642pips   (727,200円)
2010年 5月: 7,448pips (1,037,470円)
2010年 6月: 3,743pips   (615,000円)

植木のFX配信 2010年6月実績

<<FXトレーダー植木のテクニックが無料で手に入る>>

FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中

FXチャートのトリセツ

植木の無料DVDと初月無料FX配信は、こちらから。

今申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。

ということは、

最低でも、2008年8月の3,000pips
最大で、2008年10月の23,000pips

1ヶ月間で、30万円~230万円(1万通貨単位取引)の
利益を上げた情報をタダで手に入るチャンスです。


信じれらない方は、実際に配信を受けてみてください。


今なら、DVDも配信も無料なので、
あなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。


最長1ヶ月の配信が無料! 

無料DVDは、こちらで手に入れてください。

 

 


スポンサードリンク