スポンサードリンク


GOLD史上最高値1400ドル突破の背景 その1

以下は2010/11/29に私のメルマガで配信した内容です。

こんばんは。

本日は、一連のGOLD解説メルマガの続編です。

日本の個人投資家の金投資動向

GOLDがわかれば、世界経済が見えてくる!

GOLD史上最高値1400ドル突破の背景その1~アイルランドの債務危機~

本日は、今回のGOLD史上最高値1400ドル突破の背景について
短期的な視点から解説いたします。

まず、今回の上昇相場の要因は次の2つ

・アイルランドの債務危機



・FRBの金融緩和


アイルランドの問題の方は、要するに国債のデフォルト懸念です。

ギリシャなどのように、ドイツ(EU)が助けるかどうかが焦点です。

確率は低いと思いますが、

もし、アイルランド国債がデフォルトになれば、
リーマン破綻後の相場と同じ動きをすると思います。

株式相場の急落

ファンドの解約

換金売りでゴールドが一旦下落

ETFや年金などの長期保有目的の買い

現在のような相場(再び史上最高値更新)


こうなれば、わかりやすい金の絶好の買いチャンスです。

前回、間に合わなかった方は、
どうぞ、暖めておいた資金を思いっきり投資してください。

逆に考えれば、このような絶好の機会が来たとしても
今から株式相場の下落に備えて、余剰資金を確保しておく必要がありますね。


現段階では、アイルランド及びPIGSの欧州の財政不安により、



ユーロが安くなり



ユーロが安くなることで相対的にドルが高くなり



金の下落(一時的な反落)が起きています。


ということで、長期的なトレンドを理解している人にとっては、
今もわかりやすい金の押し目買い局面です。


なぜ、ドル高になると金が下落するのか?

という基本的な疑問を持つ方は、しつこいようですが、
こちらの無料レポートをまずは読んでおいてください。

こちら


アイルランドの債務危機については、11月21日、アイルランド政府が、
欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)に金融支援を要請したため、
一旦、欧州の金融不安が後退しております。


---次号予告---

・GOLD史上最高値1400ドル突破の背景(量的緩和第2弾)

・消費税で儲ける金投資

・円高で儲ける金投資

・高値更新後1350近辺まで下落しているが、今後の動きは!?

・今から金投資を開始するにはどうしたら良いのか?

・ヘッジファンドの直近の金投資動向

欧州ストレステスト後 7月25日~7月31日

植木のFX配信を、さまざまな経済指標や世界経済のイベントと
共に解説しています。

現状の世界経済、植木のFX配信の検討にお役立てください。

・2月21日~2月27日 バーナンキショック +2050pips

・2月28日~3月6日 ロング転換 +1190pips

・4月4日~4月10日 ギリシャ格下げ +600pips

・4月18日~4月24日 暴落前夜 +400pips

・4月25日~5月1日 ギリシャ・ポルトガルの大幅格下げ +1100pips

・5月2日~5月8日 欧州通貨の大暴落 +3400pips

・5月23日~5月29日 ユーロ9年ぶりの下落 +2000pips

・6月6日~6月12日 ゴールド最高値更新 +800pips

・7月11日~7月17日 ドル円 年初来安値更新 +800pips

>> こちら

---

この前週に欧州のストレステストの結果が出たのですが、
3~4兆円と言われていた資本不足額が僅か4000億円
資本不測は、91行中7行だけ

という茶番にも関わらず、政府関係者の発言は、
評価するものばかり(当たり前ですが)

そして、それからわずか3ヶ月ちょっとでアイルランドの債務危機

3ヶ月前の指標、発言から現在を見ると
今の指標、発言から先を読むこともできます。

これらを踏まえて過去の指標を見ていくとおもしろいです。

また、この週の植木のFX配信は、
週前半のクロス円上昇から週後半へのショートにつながり、
ショート中心で利益が出る結果となっています。

●7月26日(月)

ポンド・円 7月16日以来となる135円台乗せ
ユーロ・円 7月20日以来となる113円台乗せ

【発言】トリシェECB総裁
・ストレステスト(健全性審査)は透明性の行使に極めて重要だった

【発言】オルドネス・スペイン中銀総裁

・ストレステストの結果に満足
・ストレステストは良い足がかりになる
・市場は長期的に結果を好感するだろう

N225 9503.66 [△72.70]
DOW 10525.43 [△100.81]
10Y-N 2.9960%
30Y-B 4.0211%
GOLD 1183.10 [▼4.70]
OIL 78.98 [±0.00]

10年物ドイツ国債 2.766%
2020年償還英国債 3.454%
フランス長期国債 3.034%


●7月27日(火)クロス円上昇

NYダウ、終値ベースで2か月半ぶりの高値

NZドル・円 7月15日以来となる64円台乗せ
豪ドル・円 6月23日以来となる79円台乗せ
ポンド・円 5月13日以来となる137円台乗せ
ユーロ・円 6月3日以来となる114円台乗せ

NY金先物相場は、欧州経済への見通し不安の後退、
主要通貨に対するドル高から、3営業日続落し、
5月5日以来、約3ヶ月ぶりの安値水準で取引終了

N225 9496.85 [▼6.81]
DOW 10537.69 [△12.26]
10Y-N 3.0503%
30Y-B 4.0849%
GOLD 1158.00 [▼25.10]
OIL 77.50 [▼1.48]

10年物ドイツ国債 2.774%
2020年償還英国債 3.521%
フランス長期国債 3.041%


●7月28日(水)

ドル・円 7月15日以来となる88円台乗せ

米地区連銀経済報告(ベージュブック)

・経済は大半の地区で継続して拡大、内2地区は横ばい、地区はペース減速
・製造業は一部の地区で鈍化または横ばい
・大半の地区で住宅市場が低迷
・大半の地区で融資が抑制
・個人消費は増加したが、高級品の売り上げは鈍化
・大半の地区で自動車販売が減少
・大半の地区で賃金は抑制
・購入者向け税控除措置の期限切れを背景に住宅販売は低迷

N225 9753.27 [△256.42]
DOW 10497.88 [▼39.81]
10Y-N 3.0012%
30Y-B 4.0717%
GOLD 1160.40 [△2.40]
OIL 76.99 [▼0.51]

10年物ドイツ国債 2.746%
2020年償還英国債 3.481%
フランス長期国債 3.002%


●7月29日(木)

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)は、
政策金利を現行の2.75%から0.25%引き上げ、3.00%に決定

NZドル・円 7月23日以来となる63円台割れ

ドイツ失業者数(7月)
結果20千人減 予想20千人減 前回20千人減

ドイツ失業率(全独)(7月)
結果7.6% 予想7.6% 前回 7.7%

米新規失業保険申請件数(7月24日までの週)
結果457千件 予想460千件 前回468千件

【発言】ブラード米セントルイス連銀総裁(投票権有)
・米国が日本型デフレに陥る危険性がある

N225 9696.02 [▼57.25]
DOW 10467.16 [▼30.72]
10Y-N 2.9812%
30Y-B 4.0725%
GOLD 1171.20 [△8.80]
OIL 78.36 [△1.37]

10年物ドイツ国債 2.717%
2020年償還英国債 3.414%
フランス長期国債 2.986%


●7月30日(金)

日本全国消費者物価指数(CPI)(6月)
結果-0.7% 予想-0.7% 前回-0.9%(前年比)
結果-1.0% 予想-1.1% 前回-1.2%(生鮮食料品除くコア・前年比)

日本失業率(6月)
結果5.3% 予想5.2% 前回5.2%

ユーロ圏失業率(6月)
結果10.0% 予想10.0% 前回 10.0%

カナダGDP(5月)
結果0.1% 予想0.2% 前回0.0%(前月比)

ポンド・円 3営業日ぶりとなる135円台割れ
ユーロ・円 3営業日ぶりとなる113円台割れ
ドル・円  昨年11月30日以来となる86円台割れ

N225 9537.30 [▼158.72]
DOW 10465.94 [▼1.22]
10Y-N 2.9106%
30Y-B 3.9924%
GOLD 1183.90 [△12.70]
OIL 78.95 [△0.59]

10年物ドイツ国債 2.665%
2020年償還英国債 3.323%
フランス長期国債 2.939%


~~植木のFX配信トレード結果~~

週前半は、ストレステストを無事通貨したことによる、
クロス円の上昇相場でしたが、その後の下落ポイントを
拾っています。

【EUR/JPY】+50pipis

・113.**円 下回りショート

【AUD/JPY】+50pipis

・78.**円 下回りショート(78.**円到達時にセット)

【NZD/JPY】+150pipis

・63.80円 下回りショート

【GBP/JPY】+100pipis

・136.26円 下回りショート

植木のFX配信 2010年7月実績

今申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。

ということは、

最低でも、2010年7月の2,050pips
最大で、2008年10月の23,000pips

1ヶ月間で、40万円~230万円(1万通貨単位取引)の
利益を上げた情報がタダで手に入るチャンスです。

信じれらない方は、実際に配信を受けてみてください。


今なら、DVDも配信も無料なので、
あなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。


最長1ヶ月の配信が無料!

無料DVDは、こちらで手に入れてください。

米国冬時間適用開始に伴う取引時間にご注意下さい。

米国等において適用されていた夏時間(米国サマータイム)が終了し、
冬時間(標準時時間)へと移行されます。

これに伴い、日本との時差が現在よりも1時間拡大し、
FXの取引時間も変更となりますのでご注意下さい。

尚、取引時間はFX会社によって異なりますので、
必ずご自身にて、ご確認下さい。


【例】
ヒロセ通商(LIONFX)【公式ホームページ

取引時間
米国標準時間(冬時間)
月曜日午前7時から土曜日午前6時

編集後記

馬渕一の株式特別レポートをお申込みいただいた方限定で、
ご案内していた”馬渕一”の非売品セミナーDVDと
トレード配信の無料プレゼントですが、

本日より2日間ほど、会員枠の補充のために、
若干名の募集を行っております。

会員数が増えすぎると、会員様のトレード自体が相場に
影響してしまうのを避けるため、募集枠に限りがありますので
どうぞご了承ください。

レポートのお申込み時にご登録いただいたメールアドレスに
再募集のご案内をしております。

月末、27日~30日くらいを予定しておりますので、
今回、間に合わなかった方は、メールのチェックをお忘れなく。

● サービス概要はこちら

● 馬渕一の株式特別レポート

 

 


スポンサードリンク