スポンサードリンク


経済危機の移動工程

以下は2011/1/29に私のメルマガで配信した内容です。

こんにちは。


先日、信用格付け会社のS&Pが、
日本国債格付けを「AA」から「AA-」に引き下げました。

中央銀行が大量に国債を買っている米国などは引き下げないで
日本だけ引き下げるのは、納得がいかないと言う意見もあるでしょう。

でも、現在の円高のうちに、海外企業の買収を進めて
その後、どんどん国債の格付けは下げてもらっていいと思います。


今、各国は通貨安競争をしています。

円安にしてもらったほうが、日本の株価も景気も上向くので、
日本に限っては、国債格付けの引き下げはいいことだと思います。

経済危機の移動工程

サブプライムショックに始まる経済危機

未だ、この経済危機は終わっていません。

当初、米国の住宅ローン破綻に始まったのですが、

その後、欧州の不良債権が全く処理されていないことから、

次の危機の材料は欧州である。

と、このメルマガでもしつこく書いてきましたが、

実際にギリシャ、アイルランドと、欧州に危機の材料が移動。

そして、QE2相場に沸く経済が、今後、危機の材料として
注目していくのはどこか?

12月8日

格付け会社のムーディーズとフィッチが、米国の債務について言及

・債務圧縮のために計画を策定しなければ、国債の格付けに
 悪影響を及ぼしかねない。

・向こう2年間における米国のトリプルA格付けに対する
 ネガティブ見通しの可能性を高める。


これは、QE2だけでなく、
ブッシュ減税延長等の法案可決によるものです。

富裕層を含むすべての世帯を対象に減税を2年間延長

失業保険給付の13カ月延長、

2011年の給与税2%引き下げ

などこの減税延長により向こう10年間で
約8580億ドルの財政負担増になります。

前回は、日本の失われた10年を現場で見続けてきた
「ミスター円」榊原元財務の発言を取り上げましたが、

  E2相場後、失われた10年が世界に波及

米国と通貨戦争をしている中国はどう考えているのか?

米国はドル安にして、経済を復活させたい。

そのためには、人民元を高くしてもらわないとならない。

でも、中国も元を安くして、輸出で稼ぎたい。


そんな中国人民銀行・金融政策委員会の李稲葵委員の発言

・世界の関心が欧州の債務問題に集まっているため、
 ドルは今後6~12ケヶ月は安全

・ただ、米国の財政の実態は欧州よりも悪い

・欧州の経済情勢が落ち着けば、ドルや米債価格が下落する

・原油などの国際商品価格が来年、大幅に上昇する


欧州の債務危機が一段落をついたあとは、
半年後から米国に危機が移るということですが、

このQE2相場の行き着く先は、ドル資産の暴落

QE2の後遺症として、商品価格の上昇を見越しているようです。

中国政府が金を大量に購入しているのも
このような相場観によるものなのでしょう。

植木のFX配信の会員様 取引添削を受付中!

現在、取引添削を受付中です。

2月のフォローセミナー開催に先立ちまして、取引添削を受付けます。

~植木が会員様の取引を分析し、
今後に向けた改善点などをアドバイスいたします~

・受付期間は、1月31日(月)まで、先着20名様限り

・取引添削の対象期間は、2010年11月から2011年1月現在まで、
 とさせていただきます。

・2月開催のセミナーにて、資料として使用する場合がありますが、
 氏名など、プライバシーにかかわる部分は伏せさせていただきます。


■ 「第7回 会員様限定フォローセミナー」について

次回セミナーの日程ですが、
現段階では「2月26日(土)」を予定しております。

今回のメインテーマは「トレード分析」。

会員様が実際に行っているトレードを参考に、
植木が分析をしていく内容となります。
(上記での募集にて、会員様から寄せられた取引履歴の中から、
いくつかをセミナーにて使用させていただきます)

ちなみに、過去に同様のセミナーを行ったことがあり、
セミナー終了後、トレード分析の依頼が殺到した経緯があります。


今、申し込むと、これら全てが無料で手に入ります。

・取引添削
・2月セミナー
・1ヶ月のFX配信
・DVD4枚組み

>> 今すぐ!

追加金融緩和の示唆⇒ドル安・金高・債券高 9月19日~9月25日

ここでは、植木のFX配信を、さまざまな経済指標や
世界経済のイベントと共に解説しています。

現状の世界経済の考察にお役立てください。

データは今年8月のものですが、現在の混沌とした経済情勢
実施が決定した金融政策、これから実施されそうな金融政策
それに伴うFRBなどの金融関係者の発言、経済指標の推移など

リアルタイムで見るよりも、2~3ヶ月、間をおいて
既に起きた過去を知った上で見ると、より、今の経済が見えてきます。

・2月21日~2月27日 バーナンキショック +2050pips

・2月28日~3月6日 ロング転換 +1190pips

・4月4日~4月10日 ギリシャ格下げ +600pips

・4月18日~4月24日 暴落前夜 +400pips

・4月25日~5月1日 ギリシャ・ポルトガルの大幅格下げ +1100pips

・5月2日~5月8日 欧州通貨の大暴落 +3400pips

・5月23日~5月29日 ユーロ9年ぶりの下落 +2000pips

・6月6日~6月12日 ゴールド最高値更新 +800pips

・7月11日~7月17日 ドル円 年初来安値更新 +800pips

>> こちら


この週のポイントは、米FOMC(米連邦公開市場委員会)声明において、
近い将来の金融緩和の可能性が示されたことで、
ドルが主要通貨に対して軒並み下落したことです。

ドル・円は、日銀が円売り・ドル買い介入を実施した
15日以来の安値を記録

>> 米ドル1年チャート

更に、国債買取枠拡大への期待感により、22日の米国債券相場で、
2年債利回りは一時0.40%まで低下し、過去最低水準を更新

  米国2年国債金利 日足チャート

また、ドル安による金上昇で、5営業日連続高値更新
史上最高値1300ドル台を更新しております。

  NY金


●9月20日(月)NYダウ4ヶ月ぶり高値更新 金史上最高値を更新

NYダウは終値ベースで約4ヶ月ぶりの高値

NY金先物相場は3営業日連続で史上最高値を更新

FRBが公開市場操作による51億ドル相当の国債買取

DOW 10753.62 [△145.77]
2Y-N 0.4640%
10Y-N 2.7045%
30Y-B 3.8722%
GOLD 1280.80 [△3.30]
OIL 74.86 [△1.20]


●9月21日(火) 米FOMCで追加緩和示唆

日経平均は寄付にほぼ1ヵ月半ぶりに9700円台

FOMCは、政策金利を現行の0.00-0.25%に据え置く

【発言】米FOMC声明
・景気回復に必要であれば追加緩和を実施する用意がある

ポンド・円  9月15日以来となる133円台割れ
ユーロ・ドル 8月10日以来となる1.32ドル台乗せ
ドル・円   9月15日以来となる85円台割れ

N225 9602.11 [▼23.98]
DOW 10761.03 [△7.41]
2Y-N 0.4236%
10Y-N 2.5799%
30Y-B 3.7905%
GOLD 1274.30 [▼6.50]
OIL 73.52 [▼1.34]


●9月22日(水)金史上最高値を更新

ユーロ・円  8月10日以来となる113円台乗せ
ドル・スイス 2008年4月10日以来となる0.99フラン台割れ
ユーロ・ドル 4月27日以来となる1.34ドル台乗せ
ポンド・円  9月15日以来となる132円台割れと

NY金先物相場は、ドル安により、1298.00ドルの史上最高値を更新

N225 9566.32 [▼35.79]
DOW 10739.31 [▼21.72]
2Y-N 0.4318%(2年債利回りは一時0.40%まで低下し過去最低水準を更新)
10Y-N 2.5601%
30Y-B 3.7422%
GOLD 1292.10 [△17.80]
OIL 74.71 [▼0.26]


●9月23日(木)

(NZ)第2四半期GDP
予想[前期比]+0.7%
[前年比]+2.5%
結果[前期比]+0.2%
[前年比]+1.9%

米新規失業保険申請件数(9月18日までの週)
結果 465千件
予想 450千件 前回 453千件

DOW 10662.42 [▼76.89]
2Y-N 0.4197%
10Y-N 2.5494%
30Y-B 3.7319%
GOLD 1296.30 [△4.20]
OIL 75.18 [△0.47]


●9月24日(金)N金過去最高値更新

フランス実質GDP(第2四半期)
結果 0.7%
予想 0.6% 前回 0.6%(前期比)

ドル・スイス 2008年3月18日以来となる0.98フラン台割れ

NY金先物相場が1301.60ドルの史上最高値を更新

N225 9471.67 [▼94.65]
DOW 10860.26 [△197.84]
2Y-N 0.4443%
10Y-N 2.6086%
30Y-B 3.7940%
GOLD 1298.10 [△1.80]
OIL 76.49 [△1.31]


~~植木のFX配信トレード結果~~

【GBP/JPY】+150pips

・133.50円 下回りショート

【USD/JPY】+50ipps

・85.00円 下回りショート

FX専業トレーダー植木の配信実績

サービス開始から、早3年。

本物のトレードゆえに、継続されています。


植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)
>> こちら

2010年 1月: 5,350pips   (503,100円)
2010年 2月: 4,943pips   (654,100円)
2010年 3月: 7,213pips   (871,820円)
2010年 4月: 4,642pips   (727,200円)
2010年 5月: 7,448pips (1,037,470円)
2010年 6月: 3,743pips   (615,000円)
2010年 7月: 2,050pips   (486,200円)
2010年 8月: 1,744pips   (263,320円)
2010年 9月: 1,654pips   (324,740円)
2010年10月: 2,326pips   (325,520円)
2010年11月: 4,270pips   (473,360円)
2010年12月: 5,306pips   (538,200円)

  植木のFX配信 2010年12月実績

<<FXトレーダー植木のテクニックが無料で手に入る>>

FXトレーダー植木のショートエントリー手法を無料公開中

FXチャートのトリセツ


植木の無料DVDと初月無料FX配信は、こちらから。

↓↓↓↓↓
こちら

今申し込むと1ヶ月の無料FX配信が付いてくる!

FX専業トレーダー植木の配信サービスは、

今、無料DVDを申し込むと、
約1ヶ月間、無料で配信サービスもお試しできます。


ということは、

最低でも、2010年7月の2,050pips
最大で、2008年10月の23,000pips

1ヶ月間で、40万円~230万円(1万通貨単位取引)の
利益を上げた情報がタダで手に入るチャンスです。

信じれらない方は、実際に配信を受けてみてください。


今なら、DVDも配信も無料なので、
あなたのリスクはゼロです。

約1ヶ月間、存分にその脅威の実績をお試しください。


最長1ヶ月の配信が無料!

無料DVDは、こちらで手に入れてください。

日本最高峰のトレーダーの非売品セミナーDVDとトレード配信プレゼント

馬渕一の株式特別レポートをお申込みいただいた方限定で、
ご案内していた”馬渕一”の非売品セミナーDVDと
トレード配信の無料プレゼントですが、

月末に、会員枠の補充のために、若干名の募集を行っております。

会員数が増えすぎると、会員様のトレード自体が相場に
影響してしまうのを避けるため、募集枠に限りがありますので
どうぞご了承ください。

レポートのお申込み時にご登録いただいたメールアドレスに
再募集のご案内をしております。

月末、27日~30日くらいを予定しておりますので、
今回、間に合わなかった方は、メールのチェックをお忘れなく。

  サービス概要はこちら

  馬渕一の株式特別レポート

 

 


スポンサードリンク