スポンサードリンク


不謹慎過ぎるトレードで1000万の利益

以下は2011/4/30に私のメルマガで配信した内容です。

こんにちは。

前回、米国債格下げの目的というメルマガを書いたとき、
再びドル安にするのが目的ではないか?

ということを書きましたが、

  米国債格下げの目的

震災後の為替の流れは、

3/11~3/17 震災直後:レパトリによる円高

3/18~4/6  介入などによる円安

4/7~    再び円高に反転

ドル円チャート

となりました。

※レパトリとは、「本国送還」という意味で、
 国外に投資されていた資金が本国に還流すること。

これをFXのスイングトレードで利益を追求するならば、

【第1段階】

3/11~3/17 震災直後:レパトリによる円高で

クロス円のショート

【第2段階】

3/18~4/6  介入などによる円安で

クロス円のロング

【第3段階】

4/7~    再び円高に反転で

再びクロス円のショート

となります。

さくら投資顧問の植木のFX配信サービスは、
FXのスイングトレードに関する投資情報配信です。

本日は、植木のFX配信サービスにおいて、この期間、
どのようなスイングトレードが行われていたのか?

トレンドが転換するまで、どのような対処をしていたのか?

を解説いたします。

「植木良太のFX投資情報」とは?

当社推薦のFX投資情報サービス「植木良太のFX投資情報」の

植木先生が、有料会員向けに震災後のスイングトレードについて

お話された内容の掲載許可をいただきましたのでご紹介します。

※ご存じない方のために補足しますと、「植木良太のFX投資情報」は、

 サービス開始から3年以上に渡ってコンスタントに勝ち続けている
 
 数少ない投資助言サービスです。

3/11~3/17 震災直後:レパトリによる円高
⇒クロス円ショート 896pips 78,880円

震災は予測できるものではありませんので、

この時点では、事前にこのあたりで相場がブレイク
していくであろうというポイントに仕掛けをしている段階です。

震災により、たまたま大きくヒットしたということになります。


●3月6日配信 週間レポート3/7~11(後編)より

【EUR/JPY】

「114.80円 下回りショート」

3月11日 188pips 18,800円(1万通貨)

【EUR/USD】

「1.3960 下回りショート」

3月11日 208pips 16,640円(1万通貨)

【GBP/USD】

「1.6200 下回りショート」

3月11日 223pips 17,840円(1万通貨)

※CHFは90円でUSDは80円で利益計算


●3月13日配信 週間レポート3/14~18(後編)より

【EUR/USD】
「1.3960 下回りショート」(1.4000 到達時にセット)

3月15日 105pips 8,400円(1万通貨)


【CAD/JPY】ロスカット

「84.50円 下回りショート」

3月11日 172pips 17,200円(1万通貨)

---

3月17日には、ドル円で史上最安値となる76.25円を記録し、
1973年の変動相場制導入後の最安値79.75円(1995年4月)を
3円以上も更新し、歴史的な円高となりました。

ドル円チャート

植木のFX配信サービスでは、トレンドが発生していない期間、

ここまで来たら、相場が大きく動くであろうポイントに
指値などで注文を入れて、相場が動くのを待ちます。

動かなければ、損益がプラスマイナスゼロで閉じたり、
ロスカットとなります。

この期間は、震災により、大きくトレンドが発生したので
震災前に予め入れておいたエントリーが自動的にヒットし、
その後の円高で大きく利益が出ています。

3/18~4/6  介入などによる円安
⇒クロス円ロング 6,094pips 590,400円

上記のような一時的な災害の後の急な相場は、
すぐに元に戻る傾向があります。

そこで、植木さんのスイングトレードでは、
記録的な円高のあとのクロス円のロングを狙いにいきます。

ドル円チャート


このときは、震災直後ということもあり、
儲けることが悪いという雰囲気が日本を覆っていましたが、
あえて、メルマガでもご紹介しました。


  3月17日配信 週レポフォロー3/17より

【USD/JPY】

「80.00円 上回りロング」

4月6日 552pips 55,200円(1万通貨)

【EUR/JPY】

「111.00円 上回りロング」

4月11日 1,232pips 123,200円(1万通貨)


【CAD/JPY】

「80.60円 上回りロング」

4月8日 892pips 89,200円(1万通貨)


【G
BP/JPY】

「128.00円 上回りロング」

4月8日 1,201pips 121,000円(1万通貨)


【USD/CHF】

「0.9100 上回りロング」

4月1日 240pips 21,600円(1万通貨)


【AUD/JPY】

「79.00円 上回りロング」

4月11日 1,102pips 110,200円(1万通貨)


【AUD/USD】

「0.9900 上回りロング」

4月25日 875pips 70,000円(1万通貨)


---

ドル円が史上最安値となる76.25円をつけた3月17日、
植木さんの配信でもロングを捕えております。

震災より、わずか5営業日でのロングへのトレンド転換となり
配信通りに取引さえすれば、誰にでも儲けることができる
かなり簡単なトレードとなっております。

3/18~4/6  トレンド転換の模索
⇒クロス円のショート 661pips 60,620円

さて、ここまで、

震災時の円高トレンド

震災後の円安トレンド

と両方のトレンドを捕えることができています。

スイングトレードとしては理想的です。

ドル円チャート

ここまでのトレードの損益はこうなっています。

終了:ショートで最大896pips、1万通貨で7万8880円
   (※トレンド転換で利食い+ストップで終了)

進行中:ロングで最大6094pips、1万通貨で59万400円

スイングトレードで次にやることは、

このロングの利益を伸ばしつつ、決済ポイントを見極め
、 ショートへの転換のタイミングを計ることになります。

この時の植木のFX配信サービスでのエントリーの指示は
下記のように、ショートが入るようになります。


●3月20日配信 週間レポート3/21~25(後編)
 3月22日配信 週レポフォロー3/22より

【EUR/JPY】(週間レポート3/21~25)

「114.75円 下回りショート」(115.00円到達時にセット)

3月24日 121pips 12,100円(1万通貨)

「115.00円 下回りショート」(115.30円到達時にセット)

3月24日 146pips 14,600円(1万通貨)

※ロスカットは116円付近とします。
「114.00円 下回りショート」は特に取引量を少なめで。


【EUR/USD】(週レポフォロー3/22)

「1.4175 下回りショート」

3月28日 154pips 12,320円(1万通貨)


【USD/CHF】

「0.9100 上回りロング」

4月1日 240pips 21,600円(1万通貨)


---

まだトレンドが転換していませんので、
ショートの利食いはほんの少しです。

もしくは、ストップまたはロスカットで終了しています。

しかし、ショートで多少の損失が出ても、
その分、ロングでの利益が積みあがっていっている状態ですので
精神的にも十分楽なトレードです。

3/18~4/6  トレンド転換の模索 ⇒ロングの利益追求

植木さんのスイングトレードでは、このロングの利益が
どんどん積みあがっている期間に、上記のように、
トレンドの転換を捕えるために、ショートエントリーの配信も
行われていますが、

この時期のロングの決済処理については、
下記のような指示が出ています。

日本人にありがちなナンピンでのロングの積み増しをせずに、
既に取れたロングの決済に集中するようにとの内容です。


●4月5日配信 週レポフォロー4/5

先週の米雇用統計後に大きく円安に振れたあとは、
動きはほとんど限定的です。

それにしても、改めてチャートを見てみると、
ちょっと異常な円安です。
崩れたら早そうですけどね。。。

今週もトレンドが右肩上がりである以上、
エントリーに関しては、既にお持ちのロングポジションの
利食いしかすることはありません。

ここで、さらにロングポジションを取りにはいきません。

もし、ロングエントリーがあるとしたら、
一度円高に動いた後の押し目買いでしょうから、
今はエントリーする必要はありません。

できることは、お持ちのロングポジションの管理と、
次のショートエントリーのタイミングを図ることです。

ショートエントリーの場合は、
注意点として、一度に一気にエントリーしないこと。
配信では、下回りショートだけにしていますが、
戻り売りのタイミングでエントリーするのが望ましいでしょう。

また現在の相場では、ロスカットにややゆとりを持たせ、
その分、適切な取引量で臨むことが大切です。


●4月6日配信 週レポフォロー4/6

まだまだ円安の流れは止まりません。

週レポ後編にも書いたのですが、
現在するべきことを、もう一度確認しておきます。


現在することは、
3/17~18にかけて取ったロングポジションが、
右肩上がりの円安方向に動いているので、
しっかり利益を追いながらも、リスク管理に努める。

現在、右肩上がりの円安が続いているので、
普通はこのトレンドが続く限りは
流れに沿ったエントリーをするのも良いのですが、
新規ロングエントリーに関しては"静観"です。

そして、ショートエントリーのタイミングを図ることです。
CAD/JPYはロスカットとなりましたが、
ほとんどの対円通貨はエントリーに至っていません。
(見送りも可としたので、見送った方も多いでしょうが…)

エントリーに至らない理由は、順張りでのエントリーだからです。
いくつかは部分的に引っ掛かる場合もありますが、
私が色々計算した上で出したエントリーポイントは、
本格的なトレンド転換がこない限り、エントリーになることは
少ないように計算してあります。

ここを間違えて、ただ単純にそのポイントに到達したもしくは、
そのレートより有利だからといって逆張りであっても
エントリーしている方は、今回かなりやられているはずです。

くれぐれも、お気を付けください。

4/7~ 再び円高に反転
⇒クロス円ショート 2,769pips 276,900円

3/11~3/17
震災直後にレパトリによる円高 ⇒クロス円ショート

3/18~4/6前半
介入などによる円安 ⇒クロス円ロング

3/18~4/6後半
トレンド転換の模索 ⇒クロス円のショート
          ⇒ロングの利益追求

さて、次に、ようやく再び、トレンドの転換が始まります。

下記は、ちょうどトレンドの転換点にて
植木のFX配信サービスにて、配信されたものです。

この時点では、既に、トレンドが転換していますが、
更に数日を経なければ、トレンドが転換したかどうかは
判断がついていない状態です。

ドル円チャート

ここでのポイントは下記の部分です。

----
私が色々計算した上で出したエントリーポイントは、
本格的なトレンド転換がこない限り、エントリーになることは
少ないように計算してあります。
ここを間違えて、ただ単純にそのポイントに到達したもしくは、
そのレートより有利だからといって逆張りであっても、
エントリーしている方は、今回かなりやられているはずです。
----

●4月10日配信 週間レポート4/11~15(前編)より

今回、特にポイントとしておいたのは
「欧州中銀金融政策発表」だったのですが、利上げ期待で事前より
ユーロは買われ続け、発表前にかけてはやや売られるも、
翌日にはまた買われて123円付近まで円安が続きました。

結局のところ、豪もユーロも英も、
円安を更新ということになりました。

もちろん、内容がネガティブではなかったからなのですが、
3/17~18から、ほぼずーっと円安が続いていることになります。
約3週間上がりっぱなしです。

右肩上がりなので、ロングポジションの利益が増えるのは
確かに良いのですが・・・、若干気持ち悪いです。。

3/17(木)の下ヒゲ部分はチョット無視して、
EUR/JPYは、112円→123円
AUD/JPYは、78円→89円
GBP/JPYは、128円→140円

だいたいですが、10円以上円安に動いています。
地震や原発による円高を省いても、
前回日足高値圏よりも5~6円の上昇です。

さすがに、ずーっと右肩上がりの相場は存在しませんから、
いつかはトレンド転換する日が来るでしょうが、
くれぐれも、逆張りのナンピンでついていくのはやめましょう。

基本的に、日本人FX投資家の正体のほとんどが、
逆張りによるものです。

当たれば大きいのですが、ハズレると地獄です。


今週は、いくつか部分的に引っ掛かった場合もありますが、
ほぼショートはエントリーに至りませんでした。
その理由のひとつは、"順張りエントリー"だからです。

私が色々計算した上で出したエントリーポイントは、
本格的なトレンド転換がこない限り、エントリーになることは
少ないように計算してあります。
ここを間違えて、ただ単純にそのポイントに到達したもしくは、
そのレートより有利だからといって逆張りであっても、
エントリーしている方は、今回かなりやられているはずです。

くれぐれもご注意ください。

そろそろ、トレンドの転換時期が気になり始める方も
いらっしゃるでしょうが、続きは後編で。

●4月6日配信 週レポフォロー4/6
 4月10日配信 週間レポート4/11~15(後編)より

【USD/JPY】(週レポフォロー4/6)

「84.85円 下回りショート」

4月26日 328pips 32,800円(1万通貨)


【EUR/JPY】(週レポフォロー4/6)

「122.30円 下回りショート」(122.50円到達時にセット)

4月18日 581pips 58,100円(1万通貨)


【EUR/JPY】(週間レポート4/11~15)

「122.60円 下回りショート」(123.00円到達時にセット)

4月18日 611pips 61,100円(1万通貨)


【NZD/JPY】(週間レポート4/11~15)

「65.00円 下回りショート」

4月18日 53pips 5,300円(1万通貨)


【GBP/JPY】(週レポフォロー4/6)

「138.50円 下回りショート」

4月18日 548pips 54,800円(1万通貨)

「139.50円 下回りショート」(140.00円到達時にセット)

4月18日 648pips 64,800円(1万通貨)

これから更に利益を伸ばすために・・・

ここまでで、円高・円安・また円高と、3つのトレンドを
スイングトレードで追っていく流れを掴めたでしょうか?

3/11~3/17 震災直後にレパトリによる円高 ⇒クロス円ショート

896pips 7万8880円(1万通貨)


3/18~4/6前半 介入などによる円安 ⇒クロス円ロング

6094pips 59万400円(1万通貨)

3/18~4/6後半 レンド転換の模索 ⇒クロス円のショート 

661pips 6万620円(1万通貨)


4/7~ 再びトレンド転換 ⇒クロス円のショート

2769pips 27万6900円(1万通貨)


このように、上に行っても、下に行っても
利益を取れるのがスイングトレードです。

ただ、ここで紹介しているエントリーは一部です。

エントリーの指示はあったが、目標レートに届かず、
エントリー不発に終わったものや、クロス円以外のエントリーは
割愛させていただいております。

また、決済についても、DVDなどで薦めている分散した決済を
している方は、更に利益が多いと思います。

時間をかけてじっくり全通貨エントリーしている方は、
莫大な利益が出ていると思います。


今回、震災後の1ヶ月の3つのトレンドで得られた利益は、

10,420pips

1,006,800円(1万通貨)

10,006,800円(10万通貨)

莫大なものだと思います。

しかし、これだけ短期間に大きなトレンドが発生したのは、
震災による影響が大きいです。

被災された方が大変な思いをしている間に、投資で稼いだ利益です。

不謹慎だ!というトンチンカンなことをいう人もいると思います。

そのような人に、私は問いたい。

あなたは、今回、被災された方々にどれだけのことをしたのか?

もちろん、できることはしていると思います。

それはそれで立派なことです。

しかし、今回、震災後のトレードで利益を上げられた方は、
もっと被災地に貢献することができます。

心配する気持ちをガマンして、冷静にトレードした方は
自衛隊などで冷静に活躍されている皆さんと同じように
貢献することができます。

会員の皆様は、今回の震災による3つトレンドから得られた
利益のほんの一部でも義捐金などの形で還元すると
更に今後のトレードでも安定して利益を上げることができると思います。

職業柄、多くの投資家を見ていますが、この還元する気持ちは、
必ず投資活動にプラスになります。

守銭奴のように、お金に固執しすぎる人は、
なぜか、長い投資人生の中で失敗します。

科学的な理由はわかりませんが、おそらく、心の余裕のような
ものだと思います。

その心の余裕が、もっと利益を上げたい!
わずかな損失も嫌だからロスカットできない!

という己の欲に勝つ力になるんだと思います。

「東日本大地震」寄付金受付サイト

FX専業トレーダー植木の配信実績

サービス開始から、早3年。

本物のトレードゆえに、継続されています。

植木のFX配信 2008年実績 128,225pips \12,790,300
(*リーマン破綻後の実績は驚異的です!)

2010年 3月: 7,213pips   (871,820円)
2010年 4月: 4,642pips   (727,200円)
2010年 5月: 7,448pips (1,037,470円)
2010年 6月: 3,743pips   (615,000円)
2010年 7月: 2,050pips   (486,200円)
2010年 8月: 1,744pips   (263,320円)
2010年 9月: 1,654pips   (324,740円)
2010年10月: 2,326pips   (325,520円)
2010年11月: 4,270pips   (473,360円)
2010年12月: 5,306pips   (538,200円)
2011年 1月: 1,738pips   (306,680円)
2011年 2月: 3,475pips   (292,620円)

>> 植木のFX配信 2011年2月実績


<<FXトレーダー植木のテクニックが無料で手に入る>>

FXチャートのトリセツ(監修:植木良太)

植木の無料DVDと初月無料FX配信は、こちらから。

日本最高峰のトレーダー”馬渕一”の
非売品セミナーDVDとトレード配信プレゼント


馬渕一の株式特別レポートをお申込みいただいた方限定で、
ご案内していた”馬渕一”の非売品セミナーDVDと
トレード配信の無料プレゼントですが、

月初に、会員枠の補充のために、若干名の募集を行っております。

会員数が増えすぎると、会員様のトレード自体が相場に
影響してしまうのを避けるため、募集枠に限りがありますので
どうぞご了承ください。

レポートのお申込み時にご登録いただいたメールアドレスに
再募集のご案内をしております。

次回は、1日~3日くらいを予定しておりますので、
前回、間に合わなかった方は、メールのチェックをお忘れなく。

  サービス概要はこちら

  馬渕一の株式特別レポート


> 次の配信記事へ

 

 


スポンサードリンク